注目のキーワード

最新記事

ウクライナ危機

策士プーチンがウクライナ危機で狙っていること

The West Fell Into Putin's Trap

2022年1月31日(月)17時45分
カロリーヌ・デ・フラウター(フォーリン・ポリシー誌コラムニスト)

プーチンの願いはアメリカと「対等」だと見せること(写真は昨年6月16日の米ロ首脳会談) DENIS BALIBOUSE-POOL-REUTERS

<「侵攻目前」という脅威にたじろぐ欧米諸国。追加制裁が科されるとしても、それはプーチンの想定の範囲内だ。欧米は罠にはまり、踊らされてしまったのか。最悪の展開を防ぐ方法は――まだある>

何を考えているのか、本当のところは分からない。

だがロシア大統領のウラジーミル・プーチンがここ数カ月、欧米諸国の政治家や外交官を手玉に取ってきたのは事実。しかも全ては、彼が一定数のロシア軍をウクライナとの国境地帯に移動させた結果だ。

むろん初めてのことではないし、ロシア政府には自国の領土内で自国の軍隊を移動させる正当な権利がある。この点に疑問の余地はない。

とはいえ、こうした事態は全て、過去10年間にロシアが2回もウクライナに侵攻したという事実を踏まえて解釈されねばならない。

ロシア軍は2014年にウクライナ領のクリミア半島を武力を背景に奪い取り、東部のドンバス地方にも侵攻して現在も戦争状態にある。

だから今回の動きに欧米諸国が強く反発し、再度の侵攻には厳しい制裁で対抗するとロシア政府に警告したのは、別に意外でも何でもない。

米大統領のジョー・バイデンも乗り出して、年初にはオンライン形式ながらプーチンとの首脳会談に臨み、全世界が見守るなかで、ウクライナには侵攻するなと警告した。

だが、こういう派手な外交ショーこそが、プーチンの望むところかもしれない。

結局、欧米諸国はプーチンに踊らされてしまったのか。彼の仕掛けた巧妙な罠に、まんまとはまってしまったのか。

プーチン政権の直面する現実は厳しい。

天然ガスなどの輸出に頼る経済は、繁栄には程遠い。しかも、この途上国並みの状況から抜け出る政策努力は行われていない。GDPはスペインなどの中規模国並みにとどまる。

一方で人口は減り続け、国民の技能水準も下がる一方。社会全体の質が落ちていて、しかも現政権には現状を打破して国民の期待に応える政策がない。

その代わり、プーチンは現体制の中期的な延命を最優先にしているようだ。

つまり、プーチン政権は自らの延命を正当化する口実を探している。偉大だったソ連邦の後継者というふりをし、あるいは得意の情報操作で国民に欧米への不信感を抱かせる手もある。

とにかく国民に、ロシアは超大国だという幻想を抱かせたい。

プーチン一流の挑発

だが、あいにく今のロシアは超大国ではない。国際社会でやれるのは秩序の破壊だけで、建設はできない。

他国の独裁者を支援して、その強権支配を支えている。そんな国の政府は助けるが、国民を助けようとはしない。つまり、人々に迷惑をかける能力に関しては天下一品だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU、サル痘ワクチン少量接種法を勧告の可能性 供給

ビジネス

ビットコインが3週間ぶり安値、数分間で7%超下落

ワールド

中ロ首脳、11月のG20会議出席へ=インドネシア大

ビジネス

米規制当局、バークシャーのオキシデンタル株最大50

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:報じられないウクライナ戦争

2022年8月23日号(8/17発売)

450万人の子供難民危機と「人間の盾」疑惑 ── ウクライナ戦争の伝えられない側面

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を着こなすジア

  • 3

    【映像】素手でサメを引きずる男性

  • 4

    石を使って自慰行為をするサルが観察される

  • 5

    【動画】Face IDが認識できなかった顔の男

  • 6

    【動画】中国軍の最強戦闘機「殲20マイティドラゴン」

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    マーベル最新ドラマ『シー・ハルク』のプロモにホー…

  • 9

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 10

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な…

  • 1

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    日本の郊外にあふれる「タダ同然の住宅地」 無責任な開発が生んだ「限界分譲地」問題とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    【映像】幻覚作用のある「マッドハニー」で酩酊する…

  • 6

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 7

    【写真】すっかり大人の女性に成長し、際どい服装を…

  • 8

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 9

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 10

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【写真】石を使って自慰をするサル

  • 8

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月