最新記事

野生動物

「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

2022年1月20日(木)17時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
双子のアフリカゾウ

ゾウの双子が生まれる確率はわずか1% JANE WYNYARD/SAVE THE ELEPHANTS

<双子の母親には子育ての経験があり、大雨によって食糧の草も十分に──2頭とも生き延びるために必要な条件は揃っている>

16日、ケニア北部のサンブル国立保護区で生後数日のアフリカゾウの双子が見つかった。子ゾウはオスとメスであることが確認されている。

この出来事は、保護区に生息するゾウを十年以上にわたってモニタリングしてきた調査・保護団体「セーブ・ジ・エレファント」にとっても嬉しい驚きだったようだ。創設者のイアン・ダグラス=ハミルトンは「ゾウの双子は非常に珍しい」と語る。

「実際、双子として生きられることはほとんどない。どちらかが、あるいはどちらも死んでしまう。2頭の子ゾウを育てるのは、母親にとって大きなストレスとなる」

通常、母親は2頭の子ゾウに十分な母乳を与えることができない。ダグラス=ハミルトンによると、「双子の生存は草木の質、そしてメスの家長の経験に大きく左右される」という。

セーブ・ジ・エレファントのモニタリング活動によれば、今回の母親は2017年にも子ゾウを育てることに成功している。それだけでなく、最近降った大雨のおかげで草は青々と茂っており、2頭とも生き延びるために必要な条件が揃っているようだ。

体は少し小さいものの、今のところ双子の健康状態は良好だという。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

アングル:最高値更新の米株、割安な伝統セクターに投

ワールド

米、ガザに人道支援物資を初投下 57万人以上が飢餓

ワールド

トランプ氏、ミシガン・ミズーリ・アイダホで勝利 共

ワールド

WTO会議、改革合意できないまま閉幕 デジタル関税
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 2

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 3

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、「小澤先生が教えてくれたこと」

  • 4

    「高慢な態度に失望」...エリザベス女王とヘンリー王…

  • 5

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    GDP世界第4位転落を招いた一因としての格差構造──上…

  • 8

    バイオリンの巨匠、パールマンが語る小澤征爾との「…

  • 9

    メーガン妃はエリザベス女王に「取り入る方法」を知…

  • 10

    メーガン妃がファッションを真似るほど憧れていた、…

  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 8

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、…

  • 9

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 10

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 3

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を締め上げる衝撃シーン...すぐに写真を撮ったワケ

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 6

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 7

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 8

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

  • 9

    ウクライナのドローンがロシアの戦車を攻撃...乗り捨…

  • 10

    ウクライナ「水上ドローン」が、ロシア黒海艦隊の「…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中