最新記事

エンタメ

『イカゲーム』監督も参考にした...「デスゲーム系」映画・ドラマの傑作7本

7 Shows for “Squid Game" Fans

2022年1月11日(火)12時30分
スー・キム
『Sweet Home 〜俺と世界の絶望〜』

『Sweet Home 〜俺と世界の絶望〜』 COURTESY OF NETFLIX

<『バトル・ロワイアル』に『ハンガー・ゲーム』『今際の国のアリス』......生き残るための死闘や頭脳戦に手に汗握るサバイバル劇の名作たちを紹介>

9月にネットフリックスで配信されると、韓国発のサバイバルドラマ『イカゲーム』は瞬く間に世界中をとりこにした。カネに困った456人の男女が繰り広げる命懸けの

ゲームを、ファンは固唾をのんで見守った。ゲームの参加者が競い合うのは「だるまさんが転んだ」や綱引き、ビー玉といった子供の遊び。最後まで勝ち残れば456億ウォン(約44億円)の賞金が手に入るが、負ければその場で殺される。

このドラマをクリエートしたファン・ドンヒョク監督にインスピレーションを与えたのは『賭博黙示録カイジ』や『LIAR GAME(ライアーゲーム)』、『バトル・ロワイアル』など日本の漫画や小説だったという。

映画誌シネ21のインタビューによれば、ファン監督はゲームをモチーフにした日本のサバイバルストーリーを韓国に移植しようと思い立った。その際、緻密な頭脳戦を「直感でプレーする単純な子供の遊び」に変えることで「斬新なサバイバルドラマ」が生まれるのではないかと考えたそうだ。

『イカゲーム』が多くの謎を残したまま終了すると、答えを求める視聴者の声が噴出。ファンは11月にシーズン2の制作を発表した。

でもデスゲーム系やサバイバル系の名作は『イカゲーム』だけじゃない。シーズン2の公開を待ちながら見たい7本を紹介しよう。

■『Sweet Home 〜俺と世界の絶望〜』

キム・カンビによるウェブ漫画が原作の韓国産ホラー。人間が次々と残忍な怪物に変身し地獄と化した世界で、引きこもりの高校生(ソン・ガン)が人類を救うために立ち上がる。

2020年12月にネットフリックスで配信され、世界数カ国で1位を記録した。韓国勢として初めてアメリカでトップ10にランクインしたのも、このドラマだ。

監督のイ・ウンボクは韓国ドラマ界きってのヒットメーカー。イ・ビョンホン主演の時代劇『ミスター・サンシャイン』やコン・ユ主演のゴースト・ファンタジー『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』など、幅広い作品を成功させている。

■『バトル・ロワイアル』

深作欣二監督が2000年に発表したバイオレンスホラー映画。原作である高見広春の同名ベストセラー小説は、出版当時、内容があまりに陰惨だとして物議を醸した。

全体主義国家と化した日本で、42人の中学3年生が最後の1人になるまで殺し合いを強いられる。バトルに反対する者、従わない者は教師も生徒も粛清される。

■『今際(いまわ) の国のアリス』

ゲームに明け暮れるアリスこと有栖良平(山﨑賢人)が友人たちと渋谷駅のトイレから出てくると、そこはいつもの東京ではなく人の姿が消えた異空間だった──。若者たちは生きるか死ぬかのゲームの世界に引きずり込まれる。ゲームをクリアすれば「ビザ」が発給されて生き延びられるが、ビザが切れれば死が待っている。

原作は麻生羽呂の漫画。20年12月にネットフリックスで公開されると、韓国、タイ、フランス、サウジアラビアなどでトップ10にランクイン。配信開始から2週間もたたないうちに、シーズン2の制作が決定した。

220111p52_ssg02.jpg

©HARO ASO, SHOGAKUKAN/ROBOT

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

NY州司法長官、トランプ氏の資産差し押さえも

ワールド

バイデン氏、トランプ減税の失効検討 2期目へビジョ

ワールド

ガザの死者、停戦でも8000人増加か 公衆衛生危機

ワールド

南ア失業率、第4四半期は32.1%に上昇 選挙控え
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    夜の海に燃え上がるロシア大型揚陸艦...ウクライナ無人艇が「ツェーザリ・クニコフ」を撃沈する瞬間

  • 4

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 9

    プーチンに「行列は好きじゃない」と言うゼレンスキ…

  • 10

    24時間戦っていた電通マンが明かす「接待の実態」「…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に日本語看板が急増! その背景は?

  • 4

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」であ…

  • 5

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「政治と関わりたくない人たち」がもたらす政治的帰結

  • 9

    情報機関が異例の口出し、閉塞感つのる中国経済

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中