最新記事

サッカー

「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで起こした「革命」と、現地の評判

2021年12月4日(土)13時13分
木崎伸也(スポーツライター)

211123P20_HDA_02v2.jpg

カンボジア代表チームとの初練習で(18年9月4日) PRING SAMRANG-REUTERS

本田は攻撃的姿勢を根付かせることを重視し、19年のW杯2次予選で強豪のイラン相手にも守備を固めずに挑んだ。その結果、0対14で惨敗したが、「失点を減らすだけのために試合をするなら、サッカーをやめたほうがいい」と全く気にしていない。

そういう一貫性のある取り組みによってカンボジアに攻撃的なサッカーが定着し、タイ代表の関係者が「まるでフットサルのような細かいパス回し」とたたえるほどになった。

ちなみに本田はカンボジアサッカー協会から報酬を得ていない。渡航費や滞在費のみ協会が負担している。「経済的に発展途中のカンボジアからお金をもらうという発想はない。自分の中でこの活動はボランティアの一環なんです」

本田は2010年南アフリカW杯の際、幼い子供たちが働く姿を目にして衝撃を受けた。それ以降、貧困問題に関心を持ち、インドネシアやウガンダでサッカー教室を開き孤児院を訪れた。慈善団体・国連財団の「青少年のための国際的な支援者」も務めた。カンボジア代表で得た勝利ボーナスは、全て寄付している。

「想像を超えた準備をすればいい」

もちろん、この活動は自分のためでもある。子供の頃から憧れ続けたW杯が関係している。

「やっぱり代表戦の雰囲気って特別なんですよ。日本代表の試合で覚えた気持ちの高まりを、カンボジアの試合でも感じる。選手としてW杯優勝はかなわなかったが監督としてなら可能。いつか日本代表を率いてW杯で優勝したい。そのために監督としてステップアップしなければならない。カンボジア代表で大きな結果を出す必要がある」

今、本田が目標に定めているのが、23年にカンボジアで開催される東南アジア競技大会での優勝だ。とてつもなく高い目標だが、可能だと信じている。「普通のことしかやらなかったら実現できないでしょう。ならば、想像を超えた準備をすればいいんです」

普段、カンボジア代表の選手たちは国内のクラブに所属しており、代表としての活動は限られている。そこで本田は東南アジア競技大会候補選手だけのチームをつくってカンボジアリーグに参戦することを提案。協会もすぐに賛同し、実現に向けて急ピッチで話が進んでいる。今年10月、カンボジアリーグのCEOに就任した斎藤聡も、その熱に突き動かされている1人だ。

「本田さんをひとことで表せば『大きな改革者』。本田さんが何かを提案すると国や協会の意思決定者がすぐに動きだす。カンボジア側も『やれる挑戦は全てやろう』という気持ちになっている。本田さんがカンボジアサッカーの時計の針を10年進めたと思う」

やり方が極端なため、批判はある。だが確実に現地の人たちの心をつかんでいる。

Keisuke Honda
本田圭佑
●サッカーカンボジア代表のゼネラルマネジャー

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

スペインの米大使館にも「郵便爆弾」、過去1週間で6

ビジネス

米金利、制約的水準に「当面」とどめる必要=ボウマン

ビジネス

米建設支出、10月は0.3%減 予想に一致

ビジネス

ロイターネクスト:来年の世界経済成長、2%下回る可

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 7

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 8

    「ツイッター終了」の未来

  • 9

    「もうどうでもいい」 逆襲ウクライナの「急所」を、…

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月