最新記事

ハリウッド

A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡した助監督は、以前から悪名高い人物

Asst. Director Who Gave Alec Baldwin 'Cold' Gun Has History of Unsafe Work Conditions: Prop Maker

2021年10月25日(月)18時48分
ファトマ・ハレド
アレックス・ボールドウィン

2017年のエミー賞授賞式でのアレックス・ボールドウィン Mike Blake-REUTERS

<安全管理を軽視する助監督を野放しにしてきたせいで、ボールドウィンは人を死なせてしまうことになったのか>

米ニューメキシコ州サンタフェの映画撮影現場で21日、小道具の銃で誤射が起きて2人が死傷した。事故の前、助監督のデーブ・ホールズは俳優のアレック・ボールドウィンに問題の銃を渡し、弾丸は入っていないと説明していたという。

この事故について、本誌は映画やテレビドラマの撮影で使われる火薬の専門家で小道具製作も手がけるマギー・ゴールに話を聞いた。

今回の誤射は助監督のホールズが「安全な労働環境の維持を怠った」ためというのがゴールの見方だ。かつて同じ撮影現場で働いた際も、ホールズは現場の安全に十分に配慮していなかったという。

ゴールによれば、ホールズが関係した映画の撮影セットは「閉鎖空間」になる傾向があった。「消防車のための通り道や駐車スペースも用意されず、出口はふさがれて......安全のための打ち合わせもなかった」

またゴールは、「映画業界では、銃の安全に関する適切な知識や経験の欠如が常態になっている」と述べた。

誤射が起きたのは西部劇映画『ラスト(原題)』の撮影現場。ホールズはボールドウィンに、弾丸はこめられていないと言って小道具の銃を渡したという。

警察によれば、ボールドウィンはこの銃の引き金を引き、撮影監督のハリナ・ハチンズが死亡、ジョエル・ソーザ監督が負傷した。

セットに実弾を持ち込むこと自体が問題

ゴールは今後、ホールズと仕事をしたことのある人々の多くの証言を集めた正式な報告書の作成を求めていくという。

「セットにおいて銃の安全性がおざなりにされていい理由は絶対にない。たとえそれが、発砲できない小道具の銃でもだ」とゴールは述べた。

NBCニュースによれば、セット内での武器の安全性に関して関係者が正式に告訴されたかどうか、映画の制作会社は把握していないとしているという。

本誌は制作会社にコメントを求めたが、回答は得られなかった。

撮影現場で実弾を扱うことは「完全な犯罪事件」と捉えるべきだとゴールは考えている。銃は本物であれ小道具であれ、セットへの持ち込みは一定のルールの下で行うべきだという。

例えば、現場に経験豊かな小道具担当者や免許を持ち経験も積んだ武器担当者を配置するとか、けっして銃を人に向けない、といったことだ。また、リハーサルなら発砲できないレプリカを使うこともできたはずだとゴールは言う。

「どんな場合であれ、セットの近くに実弾を持ち込むべきではない」とゴールは言う。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 8

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 9

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 10

    「住む国も分散」したいアメリカ人が急増中 富裕層…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中