最新記事

シリア内戦

15歳で戦場ジャーナリストになった少年が伝えるシリアの人々の苦しみ

A Young War Reporter’s Hopes

2021年10月1日(金)18時12分
ムハマド・ナジェム(シリア出身のジャーナリスト)
ムハマド・ナジェム

シリア内戦を現場からリポートしていた筆者。当時15歳だった MUHAMMAD NAJEM

<シリア内戦下で、爆撃と隣り合わせの生活を世界に発信し続けた少年。苦しんでいる人々の声をこれからも届けたい>

8歳になるまで、僕はごく普通の幸せな子供時代を母国シリアで送っていた。家族と一緒のシンプルな暮らしで、シリアは美しい国だった。

だが2011年、内戦が始まり、日々の暮らしは厳しいものとなった。僕らが住む首都ダマスカス近郊の東グータは政府軍に包囲され、避難することもできなかった。

シリア各地で爆撃やミサイルや化学兵器による攻撃が繰り広げられた。グータでも化学兵器が使われ、赤ん坊や子供や大人が世にも残酷な方法で殺された。僕は家族と、生き埋めになりませんようにと祈りながら防空壕で長い時間を過ごした。アサド政権は僕らの暮らす地域への食料や水、医薬品などあらゆる必需品の輸送を妨害した。

爆撃の恐れがあり、通学には危険が伴った。学校は何度も爆撃を受け、授業のために地下壕が造られた。

地下壕での授業は2年ほど続いた。だがWi-Fiはないし、子供にとってつらい環境だったから、結局は地上の校舎に戻った。爆撃も死も破壊も子供たちの心に大きな傷を残したが、それでも僕らは戦争のせいで教育の機会を失いたくなかった。だから学校に通い続けた。

13歳のときに父を爆撃で失う

15年、僕が13歳の時に父は爆撃で命を落とした。兄がジャーナリストだったから、僕もその仕事に関心を持った。そして家族と話すなかで、友達の苦難やシリアの実情について世界に伝えることは僕にもできると気が付いた。

僕は自撮りで動画撮影を開始した。兄がWi-Fiにつなぐ方法を考えてくれて、SNSを使って世界に動画を送り出すようになった。戦場記者としては世界最年少クラスだ。シリアの悲劇の真実を発信できたのは僕の誇りだ。

18年、僕は難民としてトルコに出国することができた。トルコに着いた時、僕は泣いた。危険は去ったけれど、生活は大変だった。言葉も人間も環境もシリアとは全然違う。

僕は今も、トルコの自宅から変化を起こそうと頑張っている。シリアには僕に動画を送ってくれる人たちがいるし、2カ月前には僕自身も兄とシリアに行き、現地で見たものを記録した。

三菱UFJフィナンシャル・グループ
幅広いニーズに応える新NISAの活用提案──MUFGが果たす社会的使命
今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:中国の矛盾示す戸籍制度、改革阻む社会不安

ワールド

焦点:温暖化する世界、技術革新目指す空調メーカー 

ワールド

OPEC事務局長、COP28草案の拒否要請 化石燃

ワールド

日米韓、北朝鮮のサイバー脅威対策強化へ 安保担当高
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:イスラエルの過信
特集:イスラエルの過信
2023年12月12日号(12/ 5発売)

ハイテク兵器が「ローテク」ハマスには無力だった ── その事実がアメリカと西側に突き付ける教訓

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    英ニュースキャスター、「絶対に映ってはいけない」不適切すぎる姿が放送されてしまい批判殺到

  • 2

    「みっともない!」 中東を訪問したプーチンとドイツ大統領...2人の「扱い」の差が大き過ぎると話題に

  • 3

    大統領夫人すら霞ませてしまう、オランダ・マキシマ王妃の「ファッショニスタ」ぶり

  • 4

    下半身ほとんど「丸出し」でダンス...米歌手の「不謹…

  • 5

    相手の発言中に上の空、話し方も...プーチン大統領、…

  • 6

    「傑作」「曲もいい」素っ裸でごみ収集する『ラ・ラ…

  • 7

    シェア伸ばすJT、新デバイス「Ploom X ADVANCED」発…

  • 8

    「ファッショニスタ過ぎる」...オランダ・マキシマ王…

  • 9

    土砂降りの韓国ソウルで天気中継する女性記者を襲っ…

  • 10

    「ホロコースト」の過去を持つドイツで、いま再び「…

  • 1

    完全コピーされた、キャサリン妃の「かなり挑発的なドレス」への賛否

  • 2

    シェア伸ばすJT、新デバイス「Ploom X ADVANCED」発売で加熱式たばこ三国志にさらなる変化が!?

  • 3

    下半身ほとんど「丸出し」でダンス...米歌手の「不謹慎すぎる」ビデオ撮影に教会を提供した司祭がクビに

  • 4

    反プーチンのロシア人義勇軍が、アウディーイウカで…

  • 5

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不…

  • 6

    下半身が「丸見え」...これで合ってるの? セレブ花…

  • 7

    周庭(アグネス・チョウ)の無事を喜ぶ資格など私た…

  • 8

    上半身はスリムな体型を強調し、下半身はぶかぶかジ…

  • 9

    「傑作」「曲もいい」素っ裸でごみ収集する『ラ・ラ…

  • 10

    「ダイアナ妃ファッション」をコピーするように言わ…

  • 1

    <動画>裸の男が何人も...戦闘拒否して脱がされ、「穴」に放り込まれたロシア兵たち

  • 2

    <動画>ウクライナ軍がHIMARSでロシアの多連装ロケットシステムを爆砕する瞬間

  • 3

    <動画>ロシア攻撃ヘリKa-52が自軍装甲車MT-LBを破壊する瞬間

  • 4

    ロシアはウクライナ侵攻で旅客機76機を失った──「不…

  • 5

    戦闘動画がハリウッドを超えた?早朝のアウディーイ…

  • 6

    ここまで効果的...ロシアが誇る黒海艦隊の揚陸艦を撃…

  • 7

    最新の「四角い潜水艦」で中国がインド太平洋の覇者…

  • 8

    またやられてる!ロシアの見かけ倒し主力戦車T-90Mの…

  • 9

    レカネマブのお世話になる前に──アルツハイマー病を…

  • 10

    完全コピーされた、キャサリン妃の「かなり挑発的な…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中