最新記事

シリア内戦

15歳で戦場ジャーナリストになった少年が伝えるシリアの人々の苦しみ

A Young War Reporter’s Hopes

2021年10月1日(金)18時12分
ムハマド・ナジェム(シリア出身のジャーナリスト)

シリア内戦を現場からリポートしていた筆者。当時15歳だった MUHAMMAD NAJEM

<シリア内戦下で、爆撃と隣り合わせの生活を世界に発信し続けた少年。苦しんでいる人々の声をこれからも届けたい>

8歳になるまで、僕はごく普通の幸せな子供時代を母国シリアで送っていた。家族と一緒のシンプルな暮らしで、シリアは美しい国だった。

だが2011年、内戦が始まり、日々の暮らしは厳しいものとなった。僕らが住む首都ダマスカス近郊の東グータは政府軍に包囲され、避難することもできなかった。

シリア各地で爆撃やミサイルや化学兵器による攻撃が繰り広げられた。グータでも化学兵器が使われ、赤ん坊や子供や大人が世にも残酷な方法で殺された。僕は家族と、生き埋めになりませんようにと祈りながら防空壕で長い時間を過ごした。アサド政権は僕らの暮らす地域への食料や水、医薬品などあらゆる必需品の輸送を妨害した。

爆撃の恐れがあり、通学には危険が伴った。学校は何度も爆撃を受け、授業のために地下壕が造られた。

地下壕での授業は2年ほど続いた。だがWi-Fiはないし、子供にとってつらい環境だったから、結局は地上の校舎に戻った。爆撃も死も破壊も子供たちの心に大きな傷を残したが、それでも僕らは戦争のせいで教育の機会を失いたくなかった。だから学校に通い続けた。

13歳のときに父を爆撃で失う

15年、僕が13歳の時に父は爆撃で命を落とした。兄がジャーナリストだったから、僕もその仕事に関心を持った。そして家族と話すなかで、友達の苦難やシリアの実情について世界に伝えることは僕にもできると気が付いた。

僕は自撮りで動画撮影を開始した。兄がWi-Fiにつなぐ方法を考えてくれて、SNSを使って世界に動画を送り出すようになった。戦場記者としては世界最年少クラスだ。シリアの悲劇の真実を発信できたのは僕の誇りだ。

18年、僕は難民としてトルコに出国することができた。トルコに着いた時、僕は泣いた。危険は去ったけれど、生活は大変だった。言葉も人間も環境もシリアとは全然違う。

僕は今も、トルコの自宅から変化を起こそうと頑張っている。シリアには僕に動画を送ってくれる人たちがいるし、2カ月前には僕自身も兄とシリアに行き、現地で見たものを記録した。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米の鉄鋼・アルミ関税はルール違反、是正勧告=WTO

ワールド

米ロ囚人交換、二国間関係改善と見なすべきでない=ロ

ワールド

サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介=ファ

ビジネス

一部のユーロ圏銀行、ECB低利融資返済に困難も=監

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 6

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 9

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 10

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月