最新記事

エコロジー

地球上に残された「最後の秘境」で自然の静寂に耳を澄ます

Save Quiet, Save Everything

2021年7月31日(土)15時37分
キャスリーン・レリハン(トラベルライター)
音響生態学者ゴードン・ヘンプトン

マイクを担いで森の奥地に入ったヘンプトン SHAWN PARKIN

<音響生態学者で「自然の静寂」を守る活動を行うゴードン・ヘンプトンの、人工音に汚されていない自然環境を守る闘い>

ロックダウン(都市封鎖)で大いなる静寂が訪れたとき、私たちは気付いた。刺激過多の脳と自然界に静けさがどれほど恩恵をもたらすか......。

昨年の3月から5月には世界中の都市が静まり返り、地震計が拾うノイズ、つまり人為的な地面の振動も消えた。地質学者たちによれば、これほど長くノイズが消えたのは観測史上初めてのことだ。

この時期、人間が姿を消した世界で野生動物は自由を満喫した。チリの首都サンティアゴにはピューマが出現。サンフランシスコでコヨーテが目撃され、ニューヨークっ子たちは車の音よりも高らかに響く鳥のさえずりに驚いた。

だが経済活動が再開し、ジェット機の轟音が再び空に響き始めた今、私たちは地球上に残された数少ない静かな場所を守れるだろうか。

きっと守れる──そう答えるのは音の収集のプロ、ゴードン・ヘンプトンだ。音響生態学者でもある彼は、消えつつある自然のサウンドスケープ( 音の風景)を求めて、過去40年間世界中を回ってきた。その使命は静寂に包まれた最後の秘境を守ること。ヘンプトンは自らのライフワークを本誌に熱く語ってくれた。

彼が仲間と共に設立したNPO「クワイエット・パークス・インターナショナル(QPI)」は、人々が日常的に静寂に浸れる場所を世界中に確保することを目指す。その活動の一環として2019年に、エクアドルのサバロ川流域の一画を世界初の「自然の静寂な公園」に指定した。

QPIはさらに世界で265カ所、静寂な公園を設ける予定だ。その中には人口密度が高い都市郊外の森林なども含まれる。その1つ、台湾の中心都市・台北に近い陽明山国家公園は世界初の「都市の静寂な公園」に指定された。

ヘンプトンの活動の原点はワシントン州のオリンピック国立公園だ。05年に公園内の森で「アメリカで最も静かな場所」を見つけた彼は、そこに目印の石を置き、「静寂の1平方インチ(約6.5平方センチ)」として飛行機などの騒音から守る運動を始めた。

雷鳴と鳥の声が転機に

もともとヘンプトンは植物病理学を専攻していた。進路を変えたのは2つの音だ。1つはウィスコンシン州マディソンで出くわした嵐。雷鳴の音を聞いて、それこそ雷に打たれたように、自然の豊かさにショックを受けた。

私たちの脳は聴覚刺激を取捨選択するが、この出来事をきっかけに彼は周囲の音を専門機材で余さず聞くようになった。「ちょうどシュノーケルマスクを着けて海に潜ってみたようなものだ。それまで知らなかった世界の豊かさに圧倒された」

ヘンプトンに啓示を与えた2つ目の音はニシマキバドリの歌声だ。彼はそれをワシントン州ワナッチーの駅舎の外で貨物列車が入ってくるのを待っているときに聞いた。

「それ以来、人里離れた地に深く分け入るようになった。騒音公害から逃れると、よりはっきりと音が聞こえ、自然もまた私たちのように盛んにコミュニケーションを取り合っているのだと気付かされた」

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 9

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 10

    「ノーベル文学賞らしい要素」ゼロ...「短編小説の女…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中