最新記事

台湾

台湾危機を語るなら、まず論じるべきは半導体だ──イアン・ブレマー

2021年5月18日(火)17時31分
イアン・ブレマー(ユーラシアグループ代表)、アリ・ワイン(同シニアアナリスト)
世界最大の半導体メーカーTSMC本社(台湾・新竹市)

米中共にTSMCに依存している(台湾・新竹市の本社) EASON LAMーREUTERS

<台湾をめぐる米中対立の核心は「半導体メーカー」にあり。この視点から見えてくる両国の今後の動きとは>

英有力誌エコノミストは今月、台湾を「いま地球上で最も危険な場所」と評し、それを受け台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統も国防力の強化に努めていると答えた。報道や分析を見る限り、台湾をめぐる軍事衝突が迫っているようにも見える。

米中のテクノロジー面での競争が激化し、両国の軍事的緊張が高まるのに伴い、戦略上のリスクが増大していることは確かだ。しかし、近い将来に台湾で武力紛争が起きる可能性はまだ低い。

アメリカは、中国のテクノロジー分野での台頭を自国の安全保障への脅威と見なし、中国が技術力を武器に他国への影響力を強めることも警戒している。一方、中国はアメリカが中国の台頭を妨げようとしていると考えている。

この対立の核心にあるのが半導体だ。台湾には、世界最大の半導体メーカー、TSMC(台湾積体電路製造)がある。同社は、最先端の半導体で世界シェアの84%を占めている。米中は半導体の国内生産を増やす努力を加速させているが、輸入に依存する状況は当分変わりそうにない。要するに、米中両国はしばらくの間、TSMC抜きではやっていけないのだ。

習近平は台湾併合を急いでいない

米政府は、中国の圧力が強まり続ける台湾に、世界経済の要である半導体メーカーが本社を置いていることに不安を感じている。一方、中国政府は、TSMCがアメリカ軍に最先端の半導体を供給することを懸念している。つまり、TSMCが圧倒的な存在感を持っているために、台湾をめぐる米中対立は一層緊迫したものになるだろう。

この点は、明るい見通しには程遠い。しかし、緊張が高まっていることと、危機が目前に差し迫っていることを混同してはならない。

まず、中国の習近平(シー・チンピン)国家主席は台湾併合への意欲を示し続けているが、それを急ぐ気配はない。中国人民解放軍の完全近代化の目標年限も当初の2035年のままだ。一部の臆測とは異なり、軍創設100周年の27年への前倒しはされていない。

加えて、22年2月には北京冬季五輪の開催が予定されていて、同年秋の共産党大会で習は共産党トップとして3期目の続投を目指している。台湾を攻撃するという向こう見ずな行動を取るのに適したタイミングとは言い難い。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国・百度のAIチャットボット「アーニー」、ユーザ

ビジネス

中国新築住宅価格、3月は前年比-2.2% 15年8

ワールド

米国防長官、中東の安定強調 イスラエルなどと電話協

ビジネス

中独は共通基盤模索すべき、習主席がショルツ首相に表
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 3

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 4

    ハリー・ポッター原作者ローリング、「許すとは限ら…

  • 5

    キャサリン妃は最高のお手本...すでに「完璧なカーテ…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    イスラエル国民、初のイラン直接攻撃に動揺 戦火拡…

  • 9

    甲羅を背負ってるみたい...ロシア軍「カメ型」戦車が…

  • 10

    中国の「過剰生産」よりも「貯蓄志向」のほうが問題.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 7

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中