最新記事

アフガニスタン

迫る米軍のアフガン撤退 40年戦争の「正しい」終わらせ方

Leave Afghanistan As Planned

2021年3月31日(水)11時58分
マイケル・クーゲルマン(ウッドロー・ウィルソン国際研究センター上級研究員)

9カ月間のアフガン派遣から帰国し、荷物を降ろす米兵(2020年12月、ニューヨーク州フォートドラム) JOHN MOORE/GETTY IMAGES

<撤退期限を5月1日に控え、駐留延長かアフガニスタンの不安定化かで揺れ動くバイデン政権に求められる決断>

ジョー・バイデン米大統領の政権は、アフガニスタンの長年の泥沼からついに抜け出すことができるのだろうか。

新政権が誕生したとき、バイデンはアフガニスタン政策について究極の選択を迫られていた。昨年2月にトランプ前政権が反政府勢力タリバンと合意したとおり、5月1日までに約2500人の駐留米軍を完全撤退させ、アフガニスタンが不安定化するリスクを取るのか。もしくは5月1日の期限後も駐留を続けることでタリバンのほうから合意を破棄され、アフガン政府とタリバンの間でようやく始まった和平プロセスを断念するのか──。

バイデン政権はこのジレンマを回避しようと、別の2つの選択肢を模索してきた。1つは、5月1日の期限を短期的に延長して時間を稼ぎ、今よりもリスクを軽減した状況で和平交渉に持ち込み最終的な撤退を目指すやり方。もう1つは、タリバンとアフガニスタン政府から暴力低減についての合意を引き出しつつ、政治的な解決策を探るべく新たな和平計画を数週間以内に提案することだ。

どちらもやってみる価値はあるが、実現させるのはほぼ不可能に近い。加えて、2つのうち1つでも達成するには大きな労力が必要とされ、二兎を追う者は一兎も得ずという結果になりかねない。従ってバイデン政権は、うまくいかない場合にはできるだけ早い時期に米軍を撤退させるべく計画を練るべきだ。

残念ながら、最近の報道によればバイデン政権は米軍駐留を今年11月まで続けるつもりのようだ。タリバンが撤退延期に合意したり、米政権がタリバンにそう提案した兆候はなく、アフガン政府もタリバンも延期に賛成していないにもかかわらず、だ。そしてこの5月1日以降も一方的に居座る、というのは最悪の選択肢だと言える。

タリバンはこれまで、最終的な目標は全ての外国軍を追い出すことだと主張してきた。撤退延期には、多くの見返りを要求されるだろう。例えば拘束されたタリバン戦闘員の解放や、国連によるタリバンへの制裁解除、アフガニスタンのアシュラフ・ガニ大統領が全面的に拒否しているタリバンを含む暫定政権の設置などだ。

仮にアメリカとアフガン側が撤退延期に合意したとしても、期間はせいぜい数カ月間だ。タリバンはそれ以上の延期は認めないだろうから、アメリカとアフガンはたった数カ月間のために今後の死活的な交渉材料を失うことになる。

その上、米政権の新たな和平計画にはアフガン政府とタリバンの双方にそれぞれ受け入れられない点がある。まず、暫定政権の設置。また、タリバンには最終的な休戦と、自由で公正な選挙、女性の権利を保障する憲法の制定を求めているが、彼らはこれら全てを明確に拒否するか支持を拒んできた。アフガン政府とタリバンがこれらの争点に短期間で合意に達するのは難しい。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ドイツ経済に中国は必要=VWのディースCEO

ワールド

オデーサ集合住宅に着弾、10人死亡 ウクライナが黒

ワールド

訂正-ロシア軍、黒海の蛇島から撤退=ウクライナ

ワールド

香港の「一国二制度」、変える理由ない=中国国家主席

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 3

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てるも却下される

  • 4

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 5

    「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、ス…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 8

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 9

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 2

    韓国アイドル、ファンにもみくちゃにされて腕を負傷する「問題シーン」

  • 3

    【動画】「まるで地獄から来たトラック」 中国「犬肉祭」に出荷された犬たちを救出

  • 4

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 5

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 6

    【衝撃映像】小型犬がハクトウワシに連れ去られる瞬間

  • 7

    沖縄の少女たちの経験は日本の若い女性に起きている…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    メーガン妃、実姉からの訴訟の取り下げを申し立てる…

  • 10

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 6

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月