最新記事

温暖化対策

去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸せそうなおじいさん」

Greta Thunberg Turns Donald Trump's Words Against Him as She Mocks His Exit

2021年1月22日(金)13時00分
ジェイコブ・ジャービス

すっかり環境保護活動のアイコンになったグレタ Jessica Gow/TT News Agency/REUTERS

<各国指導者に温暖化対策を訴えたスピーチをからかわれたグレタだが、その文面を真似して退任するトランプを皮肉った>

著名な環境活動家のグレタ・トゥーンベリは、20日に退任したドナルド・トランプ米元大統領に対して、在任中のトランプから送られた皮肉なコメントを真似してキツいお返しをした。

2019年、グレタはニューヨークで開催された国連の温暖化対策サミットで感情がこもったスピーチを行い、世界の指導者たちが気候変動への対策を十分に行っておらず、世界の若者たちを失望させていると訴えた。在任中のトランプは、この動画を共有して「とても幸せそうなこの少女は、明るく素晴らしい未来を期待しているみたいだ。見ていて気持ちがいいね!」と皮肉なコメントをした。

気候変動への対策を訴えて学校をストライキし、その運動を世界に広めたグレタは、今や環境保護運動のアイコンとなっている。20日にホワイトハウスを後にしたトランプの画像を共有したグレタは、以前にトランプから受けたものとそっくりのコメントを付けた。

「とても幸せそうなこのおじいさんは、明るく素晴らしい未来を期待しているみたい。見ていて気持ちがいいね!」

このグレタのツイートには32万8000の「いいね」が付き、4万5000のリツイートを集めた。

(トランプ退任にコメントしたグレタのツイート)


グレタがトランプのツイートを逆手に取ってやり返したことは、以前にもあった。

トランプは2019年に、グレタが「アンガーマネジメント(怒りの感情を制御する)問題」を抱えているとして、「落ち着けグレタ、落ち着け!」とコメントした。

昨年11月の米大統領選でトランプが選挙結果に異論を唱えると、グレタは同じ文面を使って、「チョー馬鹿げている。ドナルドはまずアンガーマネジメントに取り組み、それから友達と昔の映画でも見に行けばいい。落ち着けドナルド、落ち着け!」

(大統領選の結果を認めないトランプへのグレタのコメント)

ニュース速報

ワールド

ワクチン接種証明書、EU各国は導入へ作業開始を=欧

ビジネス

日米首脳会談、できるだけ早い段階で=4月にも開催と

ビジネス

ファイザー製ワクチン、米機関が1回接種の効果に疑問

ワールド

接待問題、谷脇総務審議官を事実上の更迭 NTTは第

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 4

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 9

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 10

    トランプ後継への隠し切れない野心、元国連大使ニッ…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 7

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 8

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 9

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 10

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月