最新記事

事件

見逃されたアラート アメリカ議事堂暴動を許した警備の「死角」

2021年1月8日(金)19時35分

乱入防ぎ切れない建物構造

議会警察の各警官が受けている訓練は、議事堂の表玄関へと上がる大理石の階段部分で、抗議者を阻止し建物内部に入れないようにすることが目的だ。しかし、かつて議会警察長官と上院警備局長を務めたテランス・ゲイナー氏は、19世紀に建造された議事堂は窓や扉が非常に多くある構造で、全ての侵入を防ぐのは難しいと認める。

「今回は階段部分の警備を破られた後に、扉と窓の箇所でも防戦に敗れた」という。

映像を見ると、米国の心臓とも言える議事堂になだれ込んだ群衆は歴史的ないくつものホールを勝手気ままにうろつき、バルコニーからぶら下がってみたり、ペロシ氏の執務室をあちこち引っかき回したり、挙げ句にはペンス副大統領が座る上院議長席に腰掛けてみたりと、傍若無人に振る舞った。ロイターが撮影した議事堂内の写真には、南北戦争で奴隷制存続を唱えた南軍の大きな旗を肩に巻いて闊歩する人物の姿もある。これはまるで、南軍は敗北したという歴史的事実を覆すかのような刺激的な情景だ。

ゲイナー氏は「議事堂に乱入される事態など想像していなかった。これは事実ではないと考えたくなる気持ちを無理やり抑え込まなければならなかった。今後はこうした事態の発生を全面的に考慮する必要があるだろう」と話した。

議員からは、警備計画の不備を責める声が聞こえる。テキサス州選出の民主党のビセンテ・ゴンザレス下院議員は「警官はあの状況で良い仕事をしたと思う。しかし(警備)計画が不十分だったのは明らかだ」と述べ、随分と前から練られていた「抗議」活動に対抗し、警察は「圧倒的な力を見せつける」必要があったとの考えを示した。

国土安全保障省の高官は、議会警察が議事堂襲撃にもっと備えているべきだったと主張。こういう事態も想定し、事件発生に際してはもっと応援を呼ぶのが妥当だったとみている。

まるで警官ネタの喜劇映画

議会筋によると、民主党議員の一部は事前にトランプ氏支持者の暴動を心配していた。合同会議の1週間以上前に、警戒すべきことや具体的対策について分かっていることを教えてくれと主要関係機関に催促しようとしていた。しかし、誰ひとりとして、重大な情報を収集したり対策を練ろうとしたりした様子はなかったという。

司法省の元高官によると、ワシントンの法執行機関は通常のイベント警備では何週間も、あるいは何カ月もかけて大規模デモへの対策を固めていく。地元警察、議会警察、大統領警護隊、連邦の公園警察などが連邦捜査局(FBI)の指揮本部に集まり、対応を調整する。だが6日の合同会議に向けて、どれほどそうした計画がされたかは不明だ。

トランプ氏の演説会場などの警備計画に詳しい法執行機関の幹部は、議会警察の準備不足に衝撃を受けたと漏らす。「まるで(サイレント喜劇映画で警官ネタを得意とした俳優グループの)キーストン・コップスの芝居のようだった。本来ならば乱入事件は発生するはずもなかった。われわれは全員、トランプ氏支持者が押し寄せると承知していた。警備でいの一番に必要なのは、そこの警備の存在を見せつけることだ。議会警察は本質的には治安警備の部隊だ。議会警察に対する準備がなぜもっとされていなかったのか、理解に苦しむ」と首をかしげた。

もっとも、何年も前から議事堂をどう守るかの議論は公聴会や報告書でされていた。ゲイナー氏は周囲に群衆による襲撃防止のフェンスを建設することを2013年に提案したが、実現していない。議員たちは公衆が議事堂にアクセスできるのを守りたいと考え、要塞のように見えるようにするのを望まなかったため、構想はまったく受け入れられなかったという。

死者も出たトランプ氏の扇動

トランプ氏はツイッターで、11月の大統領選の敗北を無効とするために「荒っぽい」イベントを行うと約束していた。これが支持者たちの行動をあおったように見える。トランプ氏は6日の集会では「わが国はもう十分な仕打ちを受けた。これ以上はごめんだ。強さを見せ、強くあらねばならない」とぶち上げていた。

そのトランプ氏がホワイトハウスに戻るところで、何千人もの群衆が議事堂に向かい始めた。目撃者の証言やビデオ映像によると、あっという間に議事堂の外周を突き抜けた群衆を、階段部分で食い止めようと議会警察は圧倒的に多勢に無勢の中で、孤軍奮闘したように見える。しかし、広大な建物の全ての扉と窓を守ることはできず、群衆は中になだれ込み、上院と下院の両議場にも侵入した。

2人の関係者によると、ワシントン市当局は昨年6月のホワイトハウス周辺での反人種差別デモに対して、連邦機関が過激な強硬措置に出た事件の再来を懸念。今回の事件発生の数日前の段階では、軍部隊を現場に送るのを避けたいと考えていたもようだ。ただ当日、市警察の到着にかなり時間がかかった理由は不明だ。

ニュース速報

ワールド

焦点:バイデン氏のコロナ対策、全米支持でも「超党派

ワールド

ナワリヌイ氏、刑務所に移送か 弁護士がツイート

ビジネス

前場の日経平均は大幅反落、722円安 米長期金利上

ビジネス

G20財務相・中銀総裁会議、景気対策の継続表明へ=

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月