最新記事

政権交代

<世論調査>共和党支持者の4人に3人は「バイデンは不正でトランプに勝った」と回答

3 in 4 Republicans Don't Think Joe Biden Won Election Legitimately: Poll

2021年1月19日(火)16時54分
レベッカ・スピアコール

バイデンの不正を許すなと抗議するトランプ支持者(11月4日、ミシガン州ランシング) Emily Elconin-REUTERS

<バイデンが大統領になった後も容易に埋められそうにない分断の実態が浮き彫りに>

共和党支持者のうち4人に3人が、2020年11月の大統領選挙でジョー・バイデン次期大統領が正当に勝利したわけではないと考えていることが、新たな世論調査で明らかになった。

共和党支持者の選挙結果に対する不信の念は、ドナルド・トランプ大統領と共和党議員たちが、不正投票があったとする根拠のない主張を絶え間なく続けたことで増幅されてきた。

連邦最高裁も含む全米の裁判所は、トランプ陣営が選挙結果を覆すことを目指して起こした一連の訴訟を次々と棄却した。選挙で広範な不正があったことを示す十分な証拠がないからだ。それでも、トランプ支持者は不正があったとの主張を拡散し続け、これが1月6日に暴徒が連邦議会議事堂に押し寄せる事件につながった。

共和党を支持すると回答した人たちは、民主党支持者に比べて、アメリカの選挙そのものに対する信頼度も低い傾向にある、とする新たな調査結果もある。

CNNの委託を受けた世論調査会社SSRSが1月9〜14日にかけて実施し、17日に発表した調査結果では、共和党支持者のうち75%が、バイデンが大統領選挙に正当に勝利したとは考えていないという。民主党支持者ではそれがわずか1%、無党派層でも36%で、共和党支持層との深い分断がみてとれる。

半数近くが「リーダーは今後もトランプ」

バイデンが正当な勝者かどうかわからないという共和党支持者6%を除けば、バイデン次期大統領を正当な大統領と認める共和党支持者はわずか19%しかいないことになる。一方、民主党支持者では99%、無党派層では66%が、バイデンが正当に勝利したと考えている。

このCNNの世論調査ではほかにも、共和党がトランプから離れるべきかという問題に関して、支持者の意見が真っ二つに分かれていることわかっている。共和党支持者の48%は、同党はトランプと縁を切るべきだと回答したのに対し、47%は今後もトランプを自分たちのリーダーとして扱うべきだと答えた。

この世論調査結果が発表される前には、バイデンが大統領に就任する20日に、再び暴力的なトランプ支持の武装蜂起が起きるおそれがあると連邦捜査局(FBI)が警告を行っている。

首都に展開する州兵を統括する陸軍長官のライアン・マッカーシーは、バイデン就任式で警備の任にあたる兵士が暴動に加担するおそれもあるとして、州兵指揮官らに対して警戒を促した。

AP通信の報道によると、警備担当の兵士が暴動に協力するのではとの懸念から、バイデン就任式の警備を担当する州兵部隊の数万人について、FBIが身元調査を行っているという。

一方、トランプ自身はバイデンの就任式には出席しない意向で、バイデンが正式に大統領に就任する数時間前にホワイトハウスを後にする計画を立てていると報道されている。

退任するトランプに対しては、メリーランド州にあるアンドルーズ統合基地で退任式典が計画されている。この式典の終了後、トランプは大統領専用機エアフォース・ワンで別荘のあるフロリダに向かう予定だ。

(翻訳:ガリレオ)


 20221004issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年10月4日号(9月27日発売)は「安倍晋三の正しい評価」特集。「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分──世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月