最新記事

感染症対策

英アストラゼネカ、ワクチン有効率証明にいまだ多くの作業 実用化遅延も

2020年12月9日(水)11時15分

英製薬大手アストラゼネカが英オックスフォード大学と共同開発する新型コロナウイルスワクチンを巡り、当初発表された有効率90%を証明するにはまだ多くの作業が残されていることが、英医学誌ランセットに掲載された論文で明らかになった。写真はイメージ。10月撮影(2020年 ロイター/DADO RUVIC)

英製薬大手アストラゼネカが英オックスフォード大学と共同開発する新型コロナウイルスワクチンを巡り、当初発表された有効率90%を証明するにはまだ多くの作業が残されていることが、英医学誌ランセットに掲載された論文で明らかになった。論文は外部専門家による査読(ピアレビュー)という作業を経たもので、実用化が遅れる可能性がある。

アストラゼネカは11月23日に同ワクチンの臨床試験(治験)の中間結果を発表。それによると、まず半分の量を投与し、少なくとも1カ月の間隔を置いて全量投与した場合の有効率が90%と、計画通り全量を2回投与した場合の有効率62%を上回った。ワクチン開発関係者は、1回目に半分の量を投与したのは「セレンディピティー(偶然の幸運)」だったとした。

ただ今回発表された論文には、1回目の接種の量を半分にした方がなぜ効果が高かったのか明確な説明はなく、「より多くの治験結果が明らかにされるにつれ、一段の研究が必要になる」との記述にとどまった。

英国で実施された治験では、1回目の接種量が半分だった治験参加者の割合は6%に満たず、この中に55歳以上の人は含まれていなかった。このことは、感染すると重症化する恐れがある高齢者に対する効果を確認するために、一段の治験が必要になる可能性があることを示している。

ただ全体の有効率は70.4%と、米食品医薬品局(FDA)が定める最低水準の50%は上回った。

アストラゼネカの研究・開発部門を率いるメネ・パンガロス氏は、「年末から来年初旬にかけて」各国の保健当局に承認申請する可能性があると指摘。ただオックスフォード・ワクチン・グループを率いるアンドリュー・ポラード氏は、投与量が異なる2種類の接種方法でそれぞれ異なる結果が出たことで、承認過程が複雑になる可能性があると述べた。

パンガロス氏は、治験の再実施の必要性については明確に示さず、「次回の治験を実施について何も決定していない。状況を見ながら決定する」と述べるにとどめた。

他のワクチンを巡っては、「メッセンジャーRNA(mRNA)」技術に基づくものを開発する米モデルナと米ファイザーがそれぞれ有効率が90%を超えたとする治験結果を発表。ファイザーのワクチンはこの日、英国で接種が始まった。

アストラゼネカのワクチンは従来の技術に基づくもので、超低温で貯蔵する必要はないため、途上国などでの利用に有利とみられている。



[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【話題の記事】
・【調査報道】中国の「米大統領選」工作活動を暴く
・巨大クルーズ船の密室で横行する性暴力


20221213issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年12月13日号(12月6日発売)は「ラーゲリより愛を込めて」特集。主演・二宮和也×監督・瀬々敬久。映画『ラーゲリより愛を込めて』で知るシベリア抑留の歴史

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米議会、短期つなぎ予算の必要性高まる=マコネル上院

ワールド

米ノースカロライナ州の停電3日目に、当局「組織的な

ビジネス

アップル株2.4%下落、自動運転車開発計画を縮小・

ワールド

トランプ氏疑惑捜査の特別検察官、米3州選挙当局者を

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、戦争どころではない現状

  • 3

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物語る、凄惨な攻撃の爪痕

  • 4

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 5

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 6

    欧州を目指すアフリカからの密航者が急増、巨大タン…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 9

    偏差値が測定できない「ボーダーフリー大学」が象徴す…

  • 10

    胎児のときから将来の学歴は決まってる ── 最新科学…

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 9

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月