最新記事

東南アジア

インドネシア、人里離れた集落のキリスト教徒4人惨殺 ISとつながるイスラム系テロ組織MITの犯行

2020年11月29日(日)19時50分
大塚智彦

テロ組織に放火され燃え落ちた民家 KOMPASTV / YouTube

<ISと関連があるテロ組織が残虐な手法で村人を殺害した──>

インドネシア・スラウェシ島中部スラウェシ州で11月27日、人里離れた集落が武装したグループに襲われ、住民4人が殺害される事件がおきた。

現地治安当局は殺害を免れた住民らの証言や殺害された4人が全員キリスト教徒であることなどから、襲撃グループは同州ポソ周辺を本拠地として活動を続けるイスラム教系テロ組織「東部インドネシアのムジャヒディン(MIT)」である可能性が極めて高いと断定して捜査を続けている。

MITは中東のテロ組織「イスラム国(IS)」と関係があるとされる過激なテロ組織で、インドネシアの治安当局にとっては「ジェマ・アンシャルット・ダウラ(JAD)」と並びもっとも警戒すべき対象とされている。

国家警察や国軍は中部スラウェシ州を中心にMIT壊滅を目指した「ティノンバラ作戦」を継続中で、今回の事件を受けて周辺のジャングルや丘陵地帯などを中心に大規模な追跡を開始しているという。

焼死、斬首など惨殺された住民4人

地元警察がメディアに伝えた発表などによると27日、中部スラウェシ州の州都パルから南に約90キロ離れたシギ県ルンバントンゴア村を正体不明の武装グループが急襲。民家に放火するとともに住民4人を殺害した。4人のうち2人は焼死体で発見され、別の1人は斬首され、残る1人の遺体には複数の切り傷、刺し傷があったという。

連絡を受けて駆けつけた警察が、襲撃を逃れた住民に手配写真を見せて確認したところ、襲撃犯の中にMITの実質的な指導者で指名手配中のテロリスト、イシャック・イパ(別名アリ・カロラ)容疑者に酷似した人物が含まれていたとの証言を得た。

さらに殺害された4人がいずれもキリスト教徒であること、「斬首」という殺害方法などから治安当局ではMITによる犯行は間違いないとみている。

MITは同州を主な活動拠点として、キリスト教徒の住民や警察官などの治安部隊要員をターゲットにしたテロを数年前から起こしており、斬首などの残虐な殺害方法で知られている。

このためMIT壊滅のため2016年1月から「ティノンバラ作戦」が発動され、同州を中心に各地でMITのメンバーや支持者の摘発、逮捕、殺害が集中的に行われ、現在MITのメンバーは10人前後まで減少しているという。

追い詰められたMITによるテロ

MITはインドネシアのテロ組織「ジェマ・イスラムミア(JI)」の精神的指導者とされるアブ・バカル・バシル師が分派し創設した親IS系テロ組織「唯一神擁護共同体(JAT)」から2011年に分離創設した過激なテロ組織。中東のISから流れたテロリストやウイグル人も一時参加していたとされている。

ニュース速報

ビジネス

英経済、第2四半期から「急ピッチ」で回復=ハルデー

ビジネス

イエレン氏、景気回復へ「大きな行動」を 財務長官公

ワールド

原油先物は上昇、追加刺激策巡る楽観で 米株高に追随

ワールド

米コロナ死者40万人突破、クリスマス以降急増 ワク

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月