最新記事

菌類

インドで「光るキノコ」の新種が見つかる......地元では、懐中電灯の代わり

2020年11月27日(金)16時45分
松岡由希子

地域住民から「電気キノコ」と呼ばれている...... Photo by Steve Axford.

<インド北東部メーガーラヤ州の竹林で発光菌類の新種が見つかった。地元では、この生物が生えている竹串が懐中電灯の代わりに利用されているという...... >

インド北東部メーガーラヤ州の竹林で発光菌類の新種が見つかった。ヌナワタケ属(ロリドマイシス)の一種で、枯れたマダケ(フィロスタキス)に生息することから、「ロリドマイシス・フィロスタキス」と命名されている。

地元では、懐中電灯の代わりに利用されているという

中国科学院とインド・西ベンガル州立大学の共同研究チームは、インド北東部アッサム地方で2週間にわたる実地調査を行った。この地域では多種多様な菌類が生息し、なかでも、地域住民から「電気キノコ」と呼ばれる生物は、研究チームの関心を惹き付けた。

この生物は枯れた竹に生息し、夜になると、生物発光により、菌糸体から柄にかけて緑の光を発する。そのため、地元では、夜間、この生物が生えている竹串が懐中電灯の代わりに利用されているという。

研究チームは、この生物のサンプルを採取して研究室に持ち帰り、詳しく分析した。その結果、形態学的特徴と系統発生解析から、ヌナワタケ属の新種と同定された。一連の研究成果は2020年9月、学術雑誌「ファイトタクサ」で発表されている。

Roridomyces1127b.jpg

Photo by Steve Axford.

光で昆虫を惹き付けて自らの胞子を拡散させるため

ヌナワタケ属は非常に繊細で、高温多湿の環境を好む。これまでに12種が確認されており、そのうち5種が生物発光する。インドでヌナワタケ属の菌類が見つかったのは、今回が初めてだ。

発光菌類は、光で昆虫を惹き付けて自らの胞子を拡散させようとする。それゆえ、一般に、特定の昆虫との相互作用を通じて進化する「共進化」を経てきたと考えられている。

この生物は、枯れたマダケのみに生息していた。研究チームは「この生物が好む特別な要素が枯れた竹に存在するのかもしれない」として、さらに詳しく調べている。

Roridomyces1127c.jpg

Photo by Steve Axford.

地球には220万〜380万種の菌類が存在するとみられ、これまでに約12万種が同定されている。そのうち生物発光するのはおよそ100種で、欧州や北南米、東南アジアなどの温帯・熱帯地域で見つかっている。日本でも、ヤコウダケやシイノトモシビタケなどが生息する。

広大な国土を持つインドでは菌類の調査は十分にすすんでおらず、国内で発光菌類の生息が確認された例はまだわずかだ。1999年1月に西ガーツ山脈、2012年7月に東ガーツ山脈、2012年9月にケーララ州で計4件が確認されている。研究チームは、実際にインドで生息する発光菌類の個体数はもっと多いとみて、今後も調査をすすめる方針だ。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

イエレン氏、景気回復へ「大きな行動」を 財務長官公

ワールド

原油先物は上昇、追加刺激策巡る楽観で 米株高に追随

ワールド

米コロナ死者40万人突破、クリスマス以降急増 ワク

ワールド

米次期国土安保省長官、国内過激派への対応強化も 承

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月