最新記事

2020米大統領選

アメリカ大統領選挙、接戦4州の結果次第 バイデン優勢、トランプは再び不正主張

2020年11月6日(金)10時20分

米大統領選の開票が5日も続く中、民主党のバイデン大統領候補がネバダ州でリードを拡大し、当選に必要な選挙人270人の獲得に迫っている。カリフォルニア州ダウニーの開票所で5日撮影(2020年 ロイター/LUCY NICHOLSON)

米大統領選は民主党候補のバイデン前副大統領が当選に必要な選挙人270人の獲得に迫る中、開票作業が続いている一握りの激戦州の結果次第の状況となっている。一方、再選を目指すトランプ大統領は選挙で不正があったと改めて主張した。

バイデン氏は接戦となっているネバダ、アリゾナ両州で小幅なリードを維持し、ペンシルベニア、ジョージア両州で追い上げをみせている。

ペンシルベニアでトランプ氏は5日午後時点の得票数でバイデン氏を7万4000票上回ったが、前日の31万9000票から差は縮小した。ジョージアでのリードは4000票を下回った。未集計の票の多くは、民主党寄りとされるアトランタやフィラデルフィアといった地域に集中している。

一方、バイデン氏はアリゾナ州でのトランプ氏に対するリードが6万5000票に縮まった。ネバダでのリードはわずか1万1000票。

主要なテレビ局はバイデン氏の選挙人獲得数が253人で、トランプ氏が214人としている。バイデン氏は前日に激戦州のウィスコンシンとミシガンを制した。

バイデン氏が勝利するには大票田のペンシルベニア州で勝利するか、ジョージア、ネバダ、アリゾナの3州のうち2州を制する必要がある。

トランプ大統領が劣勢を覆し勝利するには、ジョージアとペンシルベニアでのリードを維持し、ネバダ、アリゾナで巻き返して選挙人を獲得する必要がある。

ただ、これら激戦州の最終集計結果が出るまでには数日を要する可能性がある。ペンシルベニアのブックバー州務長官は5日、開票状況について約35万票が未集計だが、その大半が6日までに開票できる見込みだと述べた。

ジョージア州の選挙管理当局者によると、4万7000票以上が未処理となっている。アリゾナでは少なくとも40万票、ネバダでは19万票の集計が終わっていない。

一方、トランプ氏は5日、証拠を示さず、「合法」な票を集計すれば、自身が大統領選で勝利すると述べ、バイデン氏に対する敗北を認める意向がないことをうかがわせた。票の集計が続いていることは選挙に不正があり、票が盗まれていることを示していると不満をもらした。[nT9N28Q02C]

トランプ陣営は法廷闘争に動き、これまでに複数州で集計の停止や再集計を要求。さらにネバダ州でこの日、不正投票に関する訴訟を起こした。法律専門家らは、トランプ陣営による一連の訴訟が最終的に選挙結果に影響する公算は小さいとの見方を示している。

ミシガン州の裁判所はこの日、トランプ陣営による集計停止を求める訴えを退けた。ジョージア州でもトランプ陣営による期限後に届いた投票用紙の排除を求めた訴えが棄却された。[nL4N2HR0NU]

ペンシルベニア州の高裁は5日、トランプ陣営が同州フィラデルフィアで行う集計作業の監視をさらに拡大することを認めた。

バイデン氏は地元のデラウェア州で同日午後、あらためて有権者に辛抱強く待つよう呼びかけ、全ての票の集計を求めた。

「集計が終わり次第、(副大統領候補の)ハリス上院議員と私が勝者に確定すると確信している」と述べ、「全ての人に平静を保つよう呼びかける。選挙プロセスは機能しており、集計は終わりつつある。近く判明するだろう」とした。

バイデン氏は全米の得票数でトランプ氏を380万票余り上回っている。

トランプ大統領は先に、大統領選から2日後も開票が続いていることにいら立ちを示し「集計をストップしろ」とツイッターに投稿した。

さらに「大統領選挙後に到着したいかなる票も集計されない」とも主張。ツイッターは、この投稿に警告ラベルを表示した。

*内容を追加しました。

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます



グラフィック アメリカ大統領選挙開票状況


 

【話題の記事】
・中国はトランプ再選を願っている
・巨大クルーズ船の密室で横行する性暴力


20210427issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

4月27日号(4月20日発売)は「歴史に学ぶ 感染症の終わり方」特集。ペスト、スペイン風邪、天然痘……はどう消えた? コロナ収束の道筋を3つのシナリオから読み解く。

ニュース速報

ワールド

中国、新型コロナ感染深刻なインド支援の意向=外務省

ワールド

ドイツ上院、コロナ第3波の対策強化に向けた法案可決

ビジネス

バイデン氏、キャピタルゲイン増税提案へ 育児財源で

ビジネス

米ブラックストーン、第1四半期は大幅増益 資産売却

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 2

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 3

    中国ワクチン、有効率わずか50% 南米に動揺と失望が広がる

  • 4

    南シナ海で中国の空母の演習を「監視」する米海軍艦…

  • 5

    インドネシア海軍潜水艦、潜行中に消息不明に ドイ…

  • 6

    日米首脳会談で起きた3つのサプライズ

  • 7

    テスラ、中国の消費者に謝罪 モーターショー「ブー…

  • 8

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 9

    今後、日本語は長くてくどくなる──コミュニケーショ…

  • 10

    「米軍は中国軍より弱い」とアメリカが主張する狙い…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 4

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 5

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 7

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 8

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 9

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月