最新記事

アメリカ経済

米自動車業界、コロナショックから想定外の業績回復 SUVなど強い需要と在庫減

2020年10月3日(土)17時35分

米自動車メーカー各社は、今年春に新型コロナウイルスの大流行によって景気が悪化した際に大半の専門家や業界幹部が予想していなかった問題に直面している。写真は6月、シカゴのフォード工場で撮影(2020年 ロイター/Kamil Krzaczynski)

米自動車メーカー各社は、今年春に新型コロナウイルスの大流行によって景気が悪化した際に大半の専門家や業界幹部が予想していなかった問題に直面している。その問題とは、ディーラー網における強い需要と在庫の減少だ。

各社は10月1日に9月の米国内販売台数を発表する。専門家は年換算の販売台数が8月実績の1520万台を超えると予想している。利幅の大きいスポーツ用多目的車(SUV)やピックアップトラックの消費者需要は春以降、急速に持ち直している。

米自動車大手3社は、ディーラーの在庫を補充するため、自社の工場がフルスピードで操業していると明かしている。

ゼネラル・モーターズ(GM)の世界生産部門を率いるジェラルド・ジョンソン氏は「当社はフル稼働している」と語った。

それでも調査会社コックス・オートのシニアエコノミスト、チャーリー・チェスブラフ氏によると、北米の自動車生産台数は昨年実績を約200万台下回っている。同氏は「封鎖解除後の消費者需要は非常に力強く、業界の在庫補充能力を上回り続けるだろう」と述べた。

第3・四半期は通常、自動車業界が新型モデルの生産を始め、年末商戦へ向けて在庫を積み上げる時期だ。だが今年は、そうした動きへの移行が例年より大きく遅れている。

チェスブラフ氏は「2021年型モデルが今年これまでの在庫全体に占める比率は約2.7%にとどまっている」と指摘。「対照的に昨年の(在庫全体に対する新型モデルの)比率は約22%だった。自動車メーカー各社が今なお旧型モデルを生産している中、消費者は新型モデルを見つけられなくなっている」という。

収益の回復

販売の持ち直しに寄与しているのは、ノースカロライナ州に住む不動産業者マイケル・ディーンさん(58歳)のような顧客だ。彼は自分のオンライン水泳プール事業「プール・リサーチ」を拡大するため、トヨタの新型7人乗りランドクルーザー「プラド」を6万2500ドルで購入した。

ディーンさんの選択は当初、比較的手ごろな価格のSUVの三菱「パジェロ」だった。だが3000ドルの値引きを提示され、予算を1万2500ドル増やして「プラド」を買うことにした。

「私のオンライン事業は順調に進んでおり、将来の収入を楽観視している。その上、ディーラーの値引きにより、出費を増やすのが正当だと自分で納得できた」と語った。

コックス・オートとJDパワーは今年の米自動車販売台数を前年比約15%減と予想している。ただ見通しは今年、一時は30%超の減少となっていた。ムーディーズ・アナリティクスは28日、リポートに、中古車の供給もひっ迫しており、中古車の卸売価格は2019年8月と比べ約20%高い水準に押し上げられたと記した。

ニュース速報

ワールド

EXCLUSIVE-米、ナワリヌイ氏への毒物使用巡

ワールド

仏コロナ規制、4─6週間は現状維持が必要=保健相

ワールド

原油価格1ドル超下落、OPECプラス会合控え増産懸

ワールド

米中渡航規制、米が集団免疫獲得なら解除を=中国公衆

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 6

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 7

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 8

    バブルは弾けた

  • 9

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 10

    「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月