最新記事

ブレグジット

EUとのFTA「合意あり」でも関係ない イギリスはハードブレグジットに突入

2020年10月21日(水)12時00分
ヨゼフ・ドベック(外交政策研究所フェロー)

FTA合意なしでも「良い結果になる」とジョンソンは主張しているが HENRY NICHOLLS-REUTERS

<12月31日で移行期間が終了して名実共にEUを離脱するイギリス。FTA合意の有無に関係なく、EU加盟国との通商上の結び付きはヨーロッパで最も弱い国に>

イギリスの国民投票によるブレグジット(英EU離脱)決定から4年。だが離脱は依然文面上にとどまっている。確かに今年1月31日に法的には離脱したが、「移行期間」中はまだ実質的には加盟国。英企業がEU内でビジネスをすることもドイツ人がビザなしでロンドンに移住して働くことも可能だ。

だが移行期間は12月31日で終了、イギリスは名実共にEUを離脱する。ブレグジット後を見据えた通商交渉は大詰めを迎え、EUとイギリスの双方がより大きな賭けに出ている。ジョンソン英首相は通商協定のないEU離脱でも「良い結果になる」と主張。一方EUは、協定を望むがどんな犠牲を払ってでもというわけではない、と強調してきた。

イギリスのメディアや金融市場は10月15日に始まったEU首脳会議前から交渉の行方を注視していた。しかし「合意あり」か「合意なし」かをめぐる議論はより大きな構図を見えにくくする。交渉の結果がどうあれ、イギリスは既にハードブレグジット(強硬離脱)に向かっているのだ。

現在交渉が行われているのは結局、典型的な自由貿易協定(FTA)に条件を付加したもので、英・EU間の工業製品や農水産・食品の関税および割当枠がゼロになる。

FTAはイギリスの農水産部門、特に漁業と食品加工業にとっては重要だ。水産・加工食品に対するEUの平均関税率は高く、例えば菓子類では最高24.5%に達する。

だが全体では大した恩恵はなく、4億4800万人規模のEU市場で英企業は競争上かなり不利になる。

第1に英・EU間の煩雑な輸出入手続きが不要になる見込みはない。英製造業には難題だ。英政府はイギリス側からEU圏への物流に最大2日の遅延を見込んでいる。

第2 に、貿易の「技術的障害」は残る。来年1月以降、英企業が製品をEU市場で販売するには、個別にEU規制当局の検査を受け新たに証明書を取得しなければならない。それには製薬企業や化学企業などの多くがEU内に子会社を新設する必要がある。

第3に、イギリスの基幹産業であるサービス部門にはメリットはない。英経済の稼ぎ頭であるサービス業のEU市場へのアクセスは大幅に低下するはずだ。

バークレイズ、ロイズ、クーツなど英金融機関は既にEU内の顧客口座閉鎖を通知。EUに支店を開設してまでサービスを継続する価値はないと判断したのだ。米金融コンサルティング会社アーンスト・アンド・ヤングの試算では、早くも7500人分の雇用と顧客資産1兆5500億ドルがロンドンから大陸側に移管されたという。投資ファンド関連産業などについては、来年以降EU側がどんなルールを適用するか分からない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

9月の米パーミアン盆地産油量、過去最高に 日量54

ワールド

日米防衛相が電話会談、中国のミサイル発射を非難

ワールド

中南米4カ国、政治危機続くペルーのカスティジョ政権

ワールド

香港監査当局、中国恒大子会社の調査本格化

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

※次号は8/17(水)発売となります。

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 2

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 3

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局」は完全に逆転した

  • 4

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 5

    ロシアの進軍を止める?最強兵器「ハイマース」

  • 6

    超人気インド人女優が公開した家族写真 プールサイ…

  • 7

    「暗号資産」も「仮想通貨」も間違った呼び方です(…

  • 8

    【写真】発見された希少種と見られる甲殻類と、発見…

  • 9

    【動画】抜群のプロポーションも健在! ハイディ・ク…

  • 10

    【動画】ロシア軍も押し返すハイマースのすべて

  • 1

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチョープラー

  • 2

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    【画像】韓国のビーチに横たわる超巨大クラゲの写真

  • 5

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパ…

  • 6

    オタクにとって日本ほど居心地の良い国はない

  • 7

    クリミア軍用空港「攻撃成功」の真相──これで「戦局…

  • 8

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 9

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 10

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    【写真】プールサイドで家族と過ごす白い水着姿のチ…

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月