最新記事

イスラム過激派

フィリピン、自爆テロ関与のアブ・サヤフ幹部ら殺害・逮捕 逃走メンバーが新たなテロの可能性も

2020年9月30日(水)08時48分
大塚智彦(PanAsiaNews)

銃撃戦で殺害されたアルシバール・サワジャン容疑者のアジトからは多数の武器が発見された。 GMA News / YouTube

<フィリピンを恐怖に陥れたテロ組織に壊滅の日が近づく?>

中東のテロ組織「イスラム国(IS)」と関係が深いとされるフィリピンのイスラム系テロ組織「アブ・サヤフ」のメンバーに対する掃討・壊滅作戦を進めているフィリピン陸軍などの治安部隊は9月28日、南部ミンダナオ島西部サンボアンガ半島地域で「アブ・サヤフ」と激しい銃撃戦となった。

その結果殺害したメンバーの身元を確認したところ「アブ・サヤフ」幹部で複数の自爆テロ、爆弾テロに関与したとして指名手配中の容疑者らの身元を確認。さらに残党の追撃を続けていることを陸軍南部軍管区関係者が地元メディアなどに28日明らかにした。

フィリピンでは8月24日に、南部スールー州ホロ島にあるホロ市中心部で連続自爆テロ事件が発生し、15人が死亡、70人以上が負傷する事件が起きている。

同事件発生を受けてドゥテルテ大統領は「フィリピン人として治安部隊がアブ・サヤフを根絶するために実施するいかなる作戦も支持する。テロリストである彼らにもうフィリピンでは居場所も将来もない」(8月30日にホロ市内の自爆テロ現場を視察した際の発言)と、軍や警察に徹底的な「アブ・サヤフ掃討・壊滅作戦」を厳命。今回の事件はその作戦の成果とされている。

一方で、ホロ市内の連続自爆テロで容疑者として行方を追っている「アブ・サヤフ」の爆弾製造専門家ら最重要手配容疑者3人はいまだに発見に至っておらず、治安当局はさらに追撃、掃討作戦を継続している。

地域リーダー1人の身元確認

フィリピンメディアの報道などによると9月28日、ホロ島パティクル町に「アブ・サヤフ」とみられるメンバー約40人が集まっているとの情報を陸軍が入手。45歩兵旅団の兵士らが現場に急行したところ集団と遭遇、銃撃戦となった。数時間の銃撃戦で現場に残された遺体を確認したところ、アルシバール・サワジャン容疑者の身元が確認されたという。

アルシバール容疑者は8月24日のホロ市連続自爆テロ事件への関与が疑われ、逃走中のムンディ・サワジャン容疑者の親族で「アブ・サヤフ」の地域指導者の1人とされる幹部テロリスト。

アルシバール容疑者もムンディ容疑者もともに現在ISフィリピン支部を率いて潜伏中とされるハティブ・ハジャン・サワジャン容疑者の血縁で、治安部隊による発見逮捕が急がれていた。

一部報道でハティブ容疑者も治安部隊との戦闘で死亡したとの情報もあるが、軍や警察はこれまでのところ「死亡情報」は確認しておらず、なお潜伏、逃走中としている。

ニュース速報

ワールド

印中の国境地帯で「小競り合い」が発生=インド軍

ビジネス

世界の生保、コロナ関連申請に待機期間 後遺症など不

ワールド

イタリアのコンテ首相、近く辞任し新政権樹立目指す=

ワールド

緊急事態宣言、「段階的解除」で調整 延長なら1カ月

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 2

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

  • 3

    英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 6

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 7

    バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

  • 8

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

  • 9

    新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

  • 10

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 7

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 10

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 8

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月