最新記事

歴史問題

韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

2020年9月28日(月)19時15分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

フィリピン系アメリカ人の人気インフルエンサー、ベラ・ポーチ氏のタトゥーを火種に韓国とフィリピンのネット民が論争の火蓋を切った。 채널A 뉴스 / YouTube

<赤と白のストライプを発端に誤解が誤解を呼び非難の応酬に>

日韓関係のいざこざといえば、歴史問題や竹島問題など様々なイシューが頭に浮かぶが、その中でも旭日旗問題はこれまでに何度も取り上げられてきた。

ところが、この旭日旗をめぐり日韓間ではなく、フィリピンと韓国のネット対立が始まり注目を浴びている。

今月5日、フィリピン系アメリカ人の人気インフルエンサーであるベラ・ポーチ氏が、自身のTikTokにダンス動画を配信した。彼女は、TikTokアカウントフォロワー数が2600万人を超え、インスタグラムも470万人以上のフォロワーがいる世界的人気者だ。ところが、この動画が韓国で物議を醸すこととなる。

1人ダンスを踊る彼女が左手を上げる動作をすると、その腕には心臓の絵と旭日旗を思わせる赤の放射線状の背景がデザインされたタトゥーが見える。韓国人が旭日旗に敏感に反応することはご存じの方も多いだろう。韓国のネットユーザーを中心にベラ・ポーチ氏への批判が始まった。

このダンス動画はすぐに削除され、騒ぎとなった翌日の6日には、ベラ・ポーチ氏のツイッターにて謝罪文が公表されている。彼女は、歴史的な意味を知らなかったこと、そしてそれを知った後は腕をカバーして隠していたこと。さらに、このタトゥーを消す施術を受ける日程を決めたことを告げ、韓国人に謝罪のコメントを書き込んだ。

本人は謝罪したものの......

このまま収束に向かうのかと思いきや、今度はコメント欄から彼女のフォロワーたちの対立が発生し、いつしか韓国vsフィリピンの構図となってしまった。

ベラ・ポーチ氏が反省し謝罪したにもかかわらず、韓国のネットユーザー達がコメント欄にベラ・ポーチ氏の容姿に対する誹謗中傷を書き込み、さらにはベラ氏だけでなくフィリピンという国やフィリピン人に対して「小さい国」「貧しい国」「学ぶことができない背低い人々」など人種差別とも取れる書き込みを投稿しだした。

これに激怒したフィリピンのネットユーザー達は、#CancelKorea (キャンセル韓国)
#ApologizeKorea(韓国謝罪しろ) #ApologizeToFilipinos(フィリピン人に謝罪しろ)などのハッシュタグ運動を開始し、ついには韓国のニュースなどに大きく報道されることとなった。

すると、今度はそれを見た韓国側がフィリピンの国旗を燃やし破る動画や、つばを吐きかける動画を製作しネットにアップロードし始めた。すると、フィリピン人もそれに対抗するように韓国の国旗を破ったり踏みつけたりする動画を投稿。お互いにどんどんエスカレートしてしまった。

9日には、ベラ・ポーチ氏が自身のツイッターでこの状況に対して「私を攻撃するのは構わないが、フィリピンの人たちを攻撃し馬鹿にするのは我慢できない」と発言し、さらに反感を買うこととなってしまった。

ニュース速報

ワールド

ワクチン接種完了なら、マスクなしで集まり可能に C

ワールド

米大統領、11日に国民に向け演説 コロナ禍開始から

ビジネス

ECB、パンデミック買取額119億ユーロに小幅減 

ワールド

NY市、22日に高校対面授業再開 9月の学校完全再

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    米国初のベーシックインカム実験に関する結果報告書…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月