最新記事

中国軍

中国の新型ステルス戦闘機FC-31の飛行写真?がウェイボーに出現

Unverified Photo Reportedly Shows China's Stealth Fighter Rival to American F-35

2020年9月9日(水)17時15分
デービッド・ブレナン

広東省珠海市の航空ショーに展示されたFC-31の輸出用モデル(2016年11月3日) Tim Hepher−REUTERS

<中国で開発中の第5世代ステルス戦闘機FC-31の姿がはっきりわかる画像がソーシャルメディアに登場した。アメリカのライバルF-35との違いは>

中国の新型ステルス戦闘機の画像がソーシャルメディアで公開された。未確認ながら、中国政府がアメリカの最新鋭ステルス戦闘機F-35のライバル機として開発を続けている戦闘機の全貌が最もよくわかる画像かもしれない。

サウスチャイナ・モーニング・ポストは7日、中国瀋陽飛機工業集団が製造するFC-31ステルス戦闘機の試験飛行中の画像が、中国のソーシャルメディア微博(ウェイボー)にアップロードされたと報じた。

webw200909-stealth.jpg

ソーシャルメディアに投稿されたテスト飛行中のFC-31ステルス戦闘機の写真。WEIBO


FC-31はJ-20に続く中国の第2の第5世代戦闘機で、2012年10月に初飛行をしている。中国からの報道によれば、FC-31は現在製造中の新型空母に配備される艦載機の主力となる可能性があるという。

FC-31の以前のプロトタイプでは、機首部分に航空機と大気の相対速度を測る対気速度測定装置が取り付けられていたが、最新モデルではなくなっているようだ。これは最新のアビオニクス(飛行用の電子機器)を搭載したからではないか、とポストは報じている。また同紙によれば、FC-31のコックピット上のキャノピーはさらにJ-20に似た形状になり、風の抵抗を軽減するために改良されている。

しかしエンジンは以前のプロトタイプと同様に、WS-13エンジンを2基搭載しているらしい。これは70年代のソビエトの設計以来、基本的に変わっておらず、FC-31がまだアメリカの最先端の第5世代戦闘機F-35と同じレベルにはないことを示しているのかもしれない。

新型空母の主力機に

2012年の処女飛行以来、FC-31は数々の航空ショーで紹介されてきたが、製造元の中国航空工業集団(AVIC)はまだ1件も受注していない。中国空軍もFC-31をまだ発注していない。

AVICは、FC-31を中国の新型空母に適した戦闘機にしようとしていると報じられている。現在配備されている空母遼寧と山東では、戦闘機はスキージャンプ式で発艦するが、新型空母はカタパルト発艦が可能なシステムを備えることになっている。

FC-31はJ-20ステルス戦闘機よりも小さく軽量で、海軍での運用に適している。カタパルトの発艦システムには、現在、中国海軍に配備されている唯一の海軍専用戦闘機J-15よりも高度な戦闘機が必要になる。

AVICは、来年にも新しいFC-31の海軍専用モデルのテスト飛行を開始する予定だ。

FC-31はF-35の対抗機として設計されているので、主な仕様はほとんど同じ。FC-31の最大離陸重量は27トン、戦闘行動半径は1200キロ、最高速度はマッハ1.8(時速2200キロ)だ。

一方、F-35の最大離陸重量は29~35トン、航続距離は2200キロ、最高速度はマッハ1.6(時速約2000キロ)。FC-31は最大約9トンの武器を搭載でき、F-35は7.4トンから9トンといわれている。

<参考記事>中国ステルス機2機が中印国境に到着、空中戦準備の可能性も
<参考記事>ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインターセプト

中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?
ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死
老化しない唯一の哺乳類、ハダカデバネズミ「発見」の意味
コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

20200915issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月15日号(9月8日発売)は「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集。勝敗を分けるポイントは何か。コロナ、BLM、浮動票......でトランプの再選確率を探る。

ニュース速報

ビジネス

政府、GoToトラベルから札幌と大阪の除外決定 1

ワールド

日中外相が会談、11月中のビジネス往来再開で一致 

ワールド

欧州当局、年末までにコロナワクチンの科学的意見作成

ビジネス

独11月IFO業況指数は90.7へ低下、第4四半期

MAGAZINE

特集:バイデンのアメリカ

2020-11・24号(11/17発売)

就任100日でバイデン民主党新政権の内政・外交・経済そしてコロナ対策はこう動く

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    南北融和の機運は減退? 韓国人の対北感情が冷ややかに変化

  • 3

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

  • 4

    GoToは全廃が筋

  • 5

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 6

    欧州コロナ感染1500万人超に、フランス・ロシアが深…

  • 7

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 8

    トランプの娘イヴァンカも始めた、右派「検閲なし」S…

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    バイデンは「親中」ではないが「親日」でもない──日…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月