最新記事

中国軍

中国の新型ステルス戦闘機FC-31の飛行写真?がウェイボーに出現

Unverified Photo Reportedly Shows China's Stealth Fighter Rival to American F-35

2020年9月9日(水)17時15分
デービッド・ブレナン

広東省珠海市の航空ショーに展示されたFC-31の輸出用モデル(2016年11月3日) Tim Hepher−REUTERS

<中国で開発中の第5世代ステルス戦闘機FC-31の姿がはっきりわかる画像がソーシャルメディアに登場した。アメリカのライバルF-35との違いは>

中国の新型ステルス戦闘機の画像がソーシャルメディアで公開された。未確認ながら、中国政府がアメリカの最新鋭ステルス戦闘機F-35のライバル機として開発を続けている戦闘機の全貌が最もよくわかる画像かもしれない。

サウスチャイナ・モーニング・ポストは7日、中国瀋陽飛機工業集団が製造するFC-31ステルス戦闘機の試験飛行中の画像が、中国のソーシャルメディア微博(ウェイボー)にアップロードされたと報じた。

webw200909-stealth.jpg

ソーシャルメディアに投稿されたテスト飛行中のFC-31ステルス戦闘機の写真。WEIBO


FC-31はJ-20に続く中国の第2の第5世代戦闘機で、2012年10月に初飛行をしている。中国からの報道によれば、FC-31は現在製造中の新型空母に配備される艦載機の主力となる可能性があるという。

FC-31の以前のプロトタイプでは、機首部分に航空機と大気の相対速度を測る対気速度測定装置が取り付けられていたが、最新モデルではなくなっているようだ。これは最新のアビオニクス(飛行用の電子機器)を搭載したからではないか、とポストは報じている。また同紙によれば、FC-31のコックピット上のキャノピーはさらにJ-20に似た形状になり、風の抵抗を軽減するために改良されている。

しかしエンジンは以前のプロトタイプと同様に、WS-13エンジンを2基搭載しているらしい。これは70年代のソビエトの設計以来、基本的に変わっておらず、FC-31がまだアメリカの最先端の第5世代戦闘機F-35と同じレベルにはないことを示しているのかもしれない。

新型空母の主力機に

2012年の処女飛行以来、FC-31は数々の航空ショーで紹介されてきたが、製造元の中国航空工業集団(AVIC)はまだ1件も受注していない。中国空軍もFC-31をまだ発注していない。

AVICは、FC-31を中国の新型空母に適した戦闘機にしようとしていると報じられている。現在配備されている空母遼寧と山東では、戦闘機はスキージャンプ式で発艦するが、新型空母はカタパルト発艦が可能なシステムを備えることになっている。

FC-31はJ-20ステルス戦闘機よりも小さく軽量で、海軍での運用に適している。カタパルトの発艦システムには、現在、中国海軍に配備されている唯一の海軍専用戦闘機J-15よりも高度な戦闘機が必要になる。

AVICは、来年にも新しいFC-31の海軍専用モデルのテスト飛行を開始する予定だ。

FC-31はF-35の対抗機として設計されているので、主な仕様はほとんど同じ。FC-31の最大離陸重量は27トン、戦闘行動半径は1200キロ、最高速度はマッハ1.8(時速2200キロ)だ。

一方、F-35の最大離陸重量は29~35トン、航続距離は2200キロ、最高速度はマッハ1.6(時速約2000キロ)。FC-31は最大約9トンの武器を搭載でき、F-35は7.4トンから9トンといわれている。

<参考記事>中国ステルス機2機が中印国境に到着、空中戦準備の可能性も
<参考記事>ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインターセプト

中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?
ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死
老化しない唯一の哺乳類、ハダカデバネズミ「発見」の意味
コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

20200915issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

9月15日号(9月8日発売)は「米大統領選2020:トランプの勝算 バイデンの誤算」特集。勝敗を分けるポイントは何か。コロナ、BLM、浮動票......でトランプの再選確率を探る。

ニュース速報

ワールド

安倍前首相が靖国参拝、「退任を報告」とツイッターに

ワールド

アングル:豪州ビザ無効の中国人研究者、「絵文字で有

ワールド

焦点:湾岸2カ国とイスラエルの国交正常化、サウジも

ワールド

アングル:燃料需要、学校再開で増加 公共交通機関は

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 4

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 5

    ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリ…

  • 6

    2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

  • 7

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 10

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 6

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 7

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 8

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月