最新記事

内乱

トランプ、黒人差別デモに発砲した白人少年は「正当防衛」

Trump on Accused Wisconsin Shooter: 'He Probably Would Have Been Killed'

2020年9月1日(火)17時45分
エリザベス・クリスプ

ウィスコンシン州ケノーシャで黒人差別反対デモを銃撃した白人少年。2人が死亡、1人が重症を負った(8月27日) Brendan Gutenschwager/REUTERS

<あの少年は「撃たなければ殺されていたかもしれない」と、トランプが自分の支持者をかばって人種差別を容認するうち、ポートランドではまた新たな死者が>

米大統領ドナルド・トランプは、8月25日にウィスコンシン州ケノーシャで行われていた抗議デモ中に発砲し、2人を殺害した罪に問われている17歳の少年について、正当防衛だったのではないかと示唆した。

「あれは興味深い状況だった。少年は逃げようとしていたが、転んでしまい、周囲にいた人間から激しい暴力をふるわれたように見える」。トランプは8月31日に行われたブリーフィングで、問題の少年カイル・リッテンハウスについて尋ねられた際に、記者団にそう述べた。「彼はとても大きなトラブルに巻き込まれた。殺されていたかもしれない」

トランプは、この事件は捜査中であると述べ、リッテンハウスを非難することは避けた。イリノイ州在住のリッテンハウスは、発砲後に逮捕され、第1級殺人で起訴されている。

事件現場の動画を見ると、リッテンハウスと思われる人物がロングライフルを手にして、道路を移動している。周囲にいるデモ参加者たちは、8月23日に警察官に背後から7回撃たれたジェイコブ・ブレイクの事件に端を発した抗議デモに参加していた。ブレイクは現在入院しており、銃撃で下半身麻痺の状態だ。

動画では、リッテンハウスらしき人物がカメラの前を走って横切り、つまずいて転んだように見える。それから複数の人に囲まれ、数発を発砲した。

撃たれて死亡したのは、ケノーシャ在住のジョーセフ・ローゼンバウム(36歳)と、同州シルバーレイク在住のアンソニー・フーバー(26歳)。同州ウェスト・アリス在住のゲイジ・グロースクロイツ(26歳)は重傷を負ったが、一命をとりとめた。

「少年のような人間がもっと必要だ」

リッテンハウスは現在イリノイ州で拘束されており、ウィスコンシン州への引き渡しを待っている。リッテンハウスの弁護士ジョン・ピアースは、事件の訴訟費用のために寄付を募っている。ピアースは公式声明で、リッテンハウスが発砲したのは正当防衛だったと述べている。

「彼があの場にいたのは、自分のコミュニティを守るため。怪我をしたデモ参加者の治療にあたるためだった」。ピアースは8月31日、ツイッターでそう述べた。「この国には、カイル・リッテンハウスのような人間がもっと必要だ」

トランプは9月1日にウィスコンシン州を訪れ、警察や、ケノーシャの抗議デモで影響を受けた商店主などに会う予定だ。ただし地元市長らは、トランプが来れば緊張が高まり、再び混乱が激化しかねないと訪問日の変更を求めている。

しかしトランプは、「私のためにこれほど良い仕事をしてくれた人たちに会いに行かなくてはならない。たくさんの人に会う予定だ。われわれは、ウィスコンシン州で絶大な支持を得ている」と述べている。「この国に対する愛と敬意が増すだろう」

トランプはブリーフィングで、オレゴン州ポートランドで支持者たちがとった行動についても、非難しなかった。ポートランドでは8月29日、抗議デモが行われている路上を、トランプ支持者らが数百台の車を連ねてダウンタウンを走りながら、デモ参加者に向けてペイントボール銃を撃ったり、催涙スプレーを噴射したりした。夜には、差別反対デモとトランプ支持者が衝突し、男性が一人撃たれて死んだ。

「ペイントボールは銃弾ではない」とトランプは述べ、自分の支持者たちは「平和的」に抗議していたと主張した。

自分の支持者たちはポートランドやシカゴ、ニューヨークで起きている社会不安をテレビで見て不満を抱いているとトランプは述べた。「テレビであんな混乱を目にしたら、『これは自分たちの国ではない』と考えるだろう」

(翻訳:ガリレオ)

<参考記事>トランプが「法と秩序」でバイデンを追い上げ、差は誤差の範囲に
<参考記事>トランプ、シャーロッツビルの衝突「双方に責任」 新たな反発招く

銀河系には36のエイリアン文明が存在する?
カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは
昆虫食はすでに日常 カナダの大手スーパー「コオロギ粉」全国販売開始
セックスドールに中国男性は夢中

20200908issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年9月8日号(9月1日発売)は「イアン・ブレマーが説く アフターコロナの世界」特集。主導国なき「Gゼロ」の世界を予見した国際政治学者が読み解く、米中・経済・テクノロジー・日本の行方。PLUS 安倍晋三の遺産――世界は長期政権をこう評価する。

ニュース速報

ワールド

東京都、新たに3058人のコロナ感染者 日曜では過

ビジネス

アングル:欧米で広がる金融商品「バズらせ」戦略、標

ワールド

東京都、新たに4058人のコロナ感染者を確認 初の

ビジネス

アングル:コロナ再拡大に大洪水、世界の供給網「限界

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺到で中止に、殺害予告も

  • 4

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 5

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 6

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 7

    「お尻がキラキラ光るクモ」ではなく、無数の赤ちゃ…

  • 8

    今度は米西部でバッタが大発生、繰り返される厄災に…

  • 9

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 10

    コーチもいないオーストリアの数学者が金メダル、自…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 8

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 9

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月