最新記事

心理

なぜ私たちは殺人と誘拐、宇宙人と幽霊が大好きなのか

Why We Love Mysteries

2020年8月12日(水)15時40分
ダリル・スパークス(サザンクイーンズランド大学上級講師〔メディア論〕)

犯罪実録ストーリーを通じて自らは安全な場にいながら人間の闇に触れられる Courtesy of Netflix

<根強い人気を誇る往年のテレビシリーズ『未解決ミステリー』がネットフリックスで復活>

1987年に放送が始まったアメリカのテレビ番組『未解決ミステリー』は、何百もの不可思議なストーリーを取り上げて多くの視聴者をとりこにした。

私たちは、理屈では説明のつかない出来事や現象に魅了されずにいられないらしい。テレビシリーズは2010年に終了したが、根強い人気を受けて動画配信サービスのネットフリックスが最新シーズンを制作。この7月1日から配信が始まった。

30年以上続く人気の秘密はどこにあるのか。このミステリーを解くのは難しくない。

この番組は、常に2種類のエピソードで構成されてきた。殺人や誘拐などの現実の犯罪を取り上げたエピソードと、宇宙人による誘拐や幽霊、悪魔などを扱ったエピソードだ。一見すると全く性格が異なるように思えるかもしれないが、これらを好む心理の根底にある要素は共通している。

人間は、一見すると合理的に説明できない現象を信じる傾向が強い。オーストラリアのSF専門チャンネル「サイファイ」(現「フォックス・サイファイ」)が14年にオーストラリアで行った調査によると、超常現象が本当に存在しても不思議ではないと考える人は88%、幽霊や精霊の存在を信じる人は50%、UFOや宇宙人の存在を信じる人は42%に上っている。

さまざまな出来事や現象の背後に、独立した意図を持った何者かが存在すると見なすのは、人間の特質だ。

哲学者のスティーブン・ローが指摘するように、この性質は自己防衛の手だてになっているらしい。茂みで物音がしたときに人が警戒できるのはこのおかげだ。このような人間の特質は、自然現象などをもたらす存在として悪魔や神を信じる一因と言える。

他人の不幸は蜜の味?

非合理なことを信じ続ける性質は、人間の心理に深く根を張っているようだ。

社会心理学者のジェニファー・ウィットソンとアダム・ガリンスキーによれば、人はしばしば、自分の周りで起きている出来事に兆候やパターンを読み取ろうとする。実際は兆候やパターンなど存在しないにもかかわらず、である。人は無秩序で不自然な状況に身を置いたとき、秩序を強く欲するものなのだ。

生化学的要因を強調する研究者もいる。神経科学の研究によれば、実験参加者に「神」という言葉を含むフレーズを聞かせると、脳の特定部位が活性化して肯定的な感情が生まれると分かっている。

一方、実際に起きた犯罪のストーリーを通じて、自らは安全な場にいながら人間の闇に触れられることが魅力なのだろうと指摘するのは、心理学者のメグ・アロールだ。スリリングな犯罪の物語がアドレナリンを噴き出させる面もあるかもしれない。特に女性にとっては、犯罪から身を守るヒントを得られることも魅力の1つと言えそうだ。

この種の番組のファンには、他人の不幸を喜ぶ心理もあるのだろう。犯罪実録ストーリーを通じて、「自分でなくてよかった」という安堵の気持ちを味わえるのだ。

人はいつ犯罪や超常現象の犠牲になっても不思議はない――『未解決ミステリー』の魅力は、そうした思いを(自宅のソファの上で)改めて抱けることなのだろう。

The Conversation

Daryl Sparkes, Senior Lecturer (Media Studies and Production), University of Southern Queensland

This article is republished from The Conversation under a Creative Commons license. Read the original article.

<本誌2020年8月4日号掲載>

<関連記事:新型コロナでテレビニュースは再び黄金時代を迎えたのか?

ニュース速報

ワールド

米下院議長、コロナ対策巡り財務長官と協議 週内合意

ワールド

英国とカナダ、ベラルーシ大統領らに制裁 西側諸国で

ビジネス

世界の航空旅客予測引き下げ、今年は66%減に=IA

ビジネス

コカ・コーラ、米アルコール飲料市場に参入へ モルソ

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 4

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 10

    韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「あ…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月