最新記事

SNS

ツイッター、トランプ長男のアカウント制限 コロナめぐる投稿削除も

2020年7月29日(水)12時07分

米ツイッターは28日、トランプ大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏のアカウントへのアクセスを12時間制限したと明らかにした。ジュニア氏の投稿が、新型コロナウイルス関連の誤情報防止に関する同社のポリシーに違反する内容だったと説明した。写真はアリゾナ州フェニックスで6月撮影(2020年 ロイター/CARLOS BARRIA)

米ツイッターは28日、トランプ大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏のアカウントへのアクセスを12時間制限したと明らかにした。ジュニア氏の投稿が、新型コロナウイルス関連の誤情報防止に関する同社のポリシーに違反する内容だったと説明した。

ジュニア氏は前日、医師が抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」について説明する動画を投稿。ツイッターはこの動画が新型コロナの誤情報を巡る規則に違反しているとして削除した。

ジュニア氏の広報担当は、「医療専門家の見解を共有する上で、たまたまヒドロキシクロロキン反対派に意義を唱えた者をツイッターが黙らせるのは常軌を逸している」と述べた。

ツイッターの広報担当はロイターに対し、「われわれはアカウントを一時的に停止したわけではない」と語った。

問題の動画では、複数の医師が新型コロナ治療薬としてヒドロキシクロロキンの投与を推奨。感染防止のためにマスクを着用する必要性は低いとの見解を示している。

この動画は、他の人々によってフェイスブックとアルファベット傘下のユーチューブにも投稿されたが、いずれも新型コロナ関連の誤情報防止に関する両サイトのポリシーに違反するとして削除された。

米食品医薬品局(FDA)は先月、ヒドロキシクロロキンについて、新型コロナの治療効果に疑問があるとして、緊急使用認可を取り消した。トランプ大統領は、ヒドロキシクロロキンの使用を推奨し、自身も服用していることを明らかにしている。

ジュニア氏は28日遅く、FOXニュース・チャンネルのインタビューで「彼らは私のアカウントを検閲している。他の人々のアカウントも検閲している」と発言。「左派に有利なことを投稿する人にこのようなことは絶対に起きない。保守派だけに打撃を与えている」と述べた。

トランプ大統領は27日、問題の動画のリンクを含む投稿をリツイートしたが、ツイッターはこの投稿も削除した。ホワイトハウスのコメントは取れていない。

トランプ大統領は、国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長の対応を批判するコンテンツもリツイートしたが、同所長は28日、「いかなる状況下であれ、米国民を誤った方向に導いたことはない」と反論した。



[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます


【関連記事】
・新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる
・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ
・がんを発症の4年前に発見する血液検査
・韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に


20200804issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年8月4日号(7月28日発売)は「ルポ新宿歌舞伎町 『夜の街』のリアル」特集。コロナでやり玉に挙がるホストクラブは本当に「けしからん」存在なのか――(ルポ執筆:石戸 諭) PLUS 押谷教授独占インタビュー「全国民PCRが感染の制御に役立たない理由」

ニュース速報

ビジネス

仏ダノン、中国蒙牛乳業株20億ドル売却へ

ビジネス

テスラ、完全自動運転ソフトの新ベータ版を数カ月中に

ワールド

米政府端末でのTikTok禁止、上院委が法案可決

ワールド

米コロニアル、パイプラインの再稼働開始=米エネルギ

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 2

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ばされた参加者も

  • 3

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 4

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 5

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英…

  • 6

    東京オリンピックはやったらよい しかし聖火リレー…

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 10

    東大卒プロゲーマー「ときど」を世界一に変えた1冊…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 7

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 8

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月