最新記事

SNS

RIP木村花 ネットの悪質コメント、日米韓それぞれの対応

2020年6月3日(水)19時22分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

「誹謗中傷も有名税」と片付けられてきたのはもう止めるべきだ。

<見ず知らずの相手からの罵詈雑言に私たちはどう対応すればいいのか──>

2020年5月23日、人気リアリティー番組『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』に出演中だった女子プロレスラー木村花さんが、22歳という若さでこの世を去った。自宅のリビングに遺書とみられる書置きがあり、本人のSNSには「さようなら」「愛されたかった人生でした」などの投稿があったことから自殺とみられている。生前、彼女のSNSにはアンチからの誹謗中傷コメントが1日100件以上も届き、そのことに悩まされ追い込まれた末の自殺ではないかと推測される。

『TERRACE HOUSE』は、2012年10月から放送が開始され、2015年には映画化もされている人気番組だった。6人の男女の共同生活を追ったリアリティー番組で、放送開始当時シェアハウスブームが起こり始めていたため、さらに注目を集めた。現在はネットフリックスとフジテレビ・オンデマンドで放送されており、世界190カ国に配信中だ。2018年には、アメリカTIME誌が「2018年のベスト番組ベスト10」の1つに『TERRACE HOUSE』を選び話題を呼んだ。

世界に広がった「#RIPHanaKimura」

ネットフリックスを通じ、世界各国に配信されていたこともあり、木村花さんの死は、BBCやワシントンポスト等、海外のメディアも大きく報じた。フランスでは、ル・パリジャンやル・モンドが「カリスマ的レスラーの死」と大きく報道するとともに、今世界中で深刻化するネット被害についても紹介している。

また、Twitterでは#RIPHanaKimuraのハッシュタグに、死を惜しむ各国のファンのコメントがあふれた。このハッシュタグは、アメリカで一時トレンドワードの1位になるほど多くの人たちが木村花さんを悼んだ。

また、日本の芸能人達も声を上げ始め、SNSや番組を通し、誹謗中傷書き込みがどれだけ人を傷つけるかについて、実体験を含め発信し始めている。25日には菅官房長官が定例会見で、追悼の言葉と共に「SNSのリテラシー向上のための啓発を行うことが重要」と話している。

今回の木村花さんのような、誹謗中傷を苦に自殺に追い込まれる悲劇を二度と起こさないためにも、既に対策に取り掛かっている韓国やアメリカの対処法を調べてみた。

ニュース速報

ビジネス

米株大幅反落、ダウ525ドル安 景気回復鈍化に懸念

ビジネス

ドル8週ぶり高値、世界経済の回復に疑問=NY市場

ワールド

新型コロナ危機、回復に何年もかかる恐れ=IMF筆頭

ワールド

米大統領、キューバ産ラム酒と葉巻の輸入に新たな制限

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    シンガポール、新型コロナ死亡率が0.05%と世界最少の理由とは?

  • 4

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 5

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 6

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 7

    どれだけ長生きできるかはお金で決まる? 東京、大…

  • 8

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 9

    米科学誌が初めて特定候補支持を表明、「事実に基づ…

  • 10

    アフリカで外国による軍事基地建設ラッシュが起きて…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 6

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 7

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 8

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 9

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 10

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月