最新記事

アメリカ危機

米大統領の責務に背いたトランプを今すぐ「排除」せよ

Remove Trump Now

2020年6月4日(木)15時50分
ベン・マティスリリー

デモ隊を警官隊に排除させた後のラファイエット広場を歩くトランプ(6月1日、ホワイトハウス前) Tom Brenner−REUTERS

<自らの政治的利益のためにデモ隊の権利を蹂躙したトランプをこれ以上放置できない。多くの人命が失われてからでは手遅れだ>

6月1日、ホワイトハウス前の通りにいたデモ隊と野次馬に向けて、連邦警察の騎馬隊などが催涙ガスやゴム弾を放った。この通りを渡ったところにある聖公会教会を、ドナルド・トランプ米大統領が訪問する予定だったからだ。トランプはその後、前夜の抗議行動で放火の被害を受けたこの教会を訪問し、教会の前で聖書を手に写真撮影を行った。

白人警官による黒人男性の拘束死事件を受けて、全米各地で激しい抗議デモが展開され緊張が高まっている時期だけに、ホワイトハウス周辺には大勢の報道陣がいた。当時、デモ隊は平和的に抗議活動を行っていたと彼らは断言している。しかも警察が手荒な制圧を始めたのは、5月31日の夜の破壊行動を受けて首都に導入された夜間外出禁止令(午後7時以降)が発効する20分以上前のことだった。

ニューヨーク・タイムズ紙とCNNはいずれも、(言論の自由を定めた合衆国憲法修正第1条で保障された権利を行使していた)米市民へのこの「攻撃」は、トランプの画策だと主張。抗議デモが激化した先週末に、一度も公の場に姿を現すことなくホワイトハウスの地下壕に避難していたと、批判を浴びたことがその一因だと指摘した。

教会側は「小道具に使われた」と激怒

米聖公会教会ワシントン教区の主教はワシントン・ポスト紙に対し、トランプの教会訪問について事前に一切連絡を受けていなかったと述べ、教会が政治の「小道具」として使われたことに「激しい憤りを覚える」と語った。当時教会にいた牧師は、宗教問題を専門に扱う報道機関レリジョン・ニュース・サービスの記者に対して、トランプが来る前に警察官たちが排除した人々の中には、教会の外にいた複数の聖職者も含まれていたと語った。

自らの利益のために国民を力で排除する──これほど「アメリカ国民と合衆国憲法を守る」という大統領の責務に反する行為はない。こんな人間に我々の政府を率いる資格はない。

全ての民主党議員(そして共和党議員ながらトランプに批判的なミット・ロムニー)は、トランプを直ちに「大統領不適格者」だと強く訴えるべきだ。それが彼らの成すべき責務だ。

<参考記事>トランプが国民に銃を向ければアメリカは終わる
<参考記事>【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮圧を支持

ニュース速報

ビジネス

伊藤忠からTOBの提案受けていることは事実、8日の

ビジネス

エアアジア、監査法人が「継続企業の前提」巡り警告

ビジネス

上半期の企業倒産件数は4001件、11年ぶりに前年

ワールド

香港の天安門事件博物館がデジタル展示目指す、国安法

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 6

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    中国が新型コロナウイルスは「アメリカ病」と非難

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月