最新記事

ロシア部隊

米兵の首に懸賞金を懸けていたロシアの「29155部隊」とは

What Is Unit 29155? The Russia Intel Branch Accused of U.S. Troop Bounties

2020年6月30日(火)20時14分
デービッド・ブレナン

29155部隊は、2018年にイギリスで起きたロシア人の元二重スパイ暗殺未遂事件に関与したと考えられている。英国諜報部のためにスパイ活動を行っていた元GRU工作員セルゲイ・スクリパリは、2006年にロシア当局に起訴され、有罪判決を受けた後、2010年に米露が合意したスパイ交換で釈放され、英国に亡命していた。しかし、2018年3月に英南部の都市ソールズベリーで、娘とともに神経剤攻撃を受けた。命を取り留めた父娘は新しい身元を得て、ニュージーランドに移住したと見られている。

のちにべリングキャットが身元を明らかにした暗殺未遂犯は、スクリパリの自宅玄関に神経剤ノビチョクを吹き付けるために使ったボトルをごみ箱に捨てた。ところが、それを見つけた別の男性が香水ボトルだと勘違いした。男性は危篤状態に陥りながらも一命をとりとめたが、パートナーは死亡した。

29155部隊はまた、2016年にバルカン半島のモンテネグロで発生したクーデター未遂事件にも関与したとされている。このクーデターは、同国の親ロシア派国会議員が、モンテネグロのNATO加盟を何とか妨害しようとして企てたとされている。計画の背後にはロシアとセルビアがいたとされ、モンテネグロ国会を襲撃し、ミロ・ジュカノビッチ首相を暗殺する予定だったという。

邪魔する者は消す

モンテネグロ当局によってクーデターは阻止され、ロシア国籍の男性エドワルド・シシュマコフとウラジミール・ポポフの2名が不在のまま起訴された。ロシア政府はクーデター未遂事件への関与を認めていない。モンテネグロ検察によれば、シシュマコフは以前、GRU工作員であることが判明してポーランドから国外追放された男だ。

英ソールズベリーで元スパイ毒殺未遂事件を実行したGRU工作員は、2015年にブルガリアの兵器販売者エミリアン・ゲブレフの毒殺を2度にわたって試みた一味と見られている。べリングキャットが29155部隊の関与を突き止めた事件はほかにも、2014年のロシアによるクリミア併合や、同じく2014年のモルドバ不安定化を目的とした秘密工作がある。GRU工作員が2016年と2017年にスイスへ定期的に入国していた証拠も発見されている。

29155部隊は現在、スペインで捜査の対象となっている。これは、2017年秋にカタルーニャ自治州で実施された独立住民投票の前と最中に、同部隊の工作員が州都バルセロナを訪れていたことが、べリングキャットの分析によって明らかになったのだ。
(翻訳:ガリレオ)

【話題の記事】
アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 グーグルやフェイスブックが追跡=調査
中国「三峡ダム」危機--最悪の場合、上海の都市機能が麻痺する

20200707issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年7月7日号(6月30日発売)は「Black Lives Matter」特集。今回の黒人差別反対運動はいつもと違う――。黒人社会の慟哭、抗議拡大の理由、警察vs黒人の暗黒史。「人権軽視大国」アメリカがついに変わるのか。特別寄稿ウェスリー・ラウリー(ピュリツァー賞受賞ジャーナリスト)

ニュース速報

ワールド

アングル:世紀の巨大爆発を世界に配信、レバノン流血

ビジネス

焦点:中国ハイテク大手に逆風、米中緊迫で経営環境激

ワールド

モーリシャスが環境緊急事態宣言、日本船の燃料流出で

ワールド

コロナ追加対策でトランプ氏が大統領令、失業給付上乗

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 3

    脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

  • 4

    米大統領選、バイデン勝利率は65% ここにきてトラン…

  • 5

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 6

    原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

  • 7

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 8

    レバノン爆発、爆弾などの「外部介入の可能性も」=ア…

  • 9

    米財務省、香港の林鄭月娥行政長官ら11人に制裁 自…

  • 10

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティ…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 6

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 7

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 8

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月