最新記事

新型コロナウイルス

感染者数2位のニュージャージー、医師である弟から届いたマスクの写真

2020年5月2日(土)16時45分
トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

米ニュージャージー州で麻酔科医として働く弟から届いた「N99」マスクの写真 写真:筆者提供

<麻酔科医として働く弟のことが心配でならないが、医療関係者もN95マスクが手に入らない同地で、市民らによる「マクガイバーイング」が広がっている>

自分が生まれ育った州、ニュージャージー。新型コロナウイルスの感染者数は、ニューヨークに次いでアメリカで2番目に多い。5000人以上が死んでいる。そんな危ない地域に弟が住んでいる。

しかも彼は病院で働く麻酔科医で、運ばれてくる新型コロナウイルス患者と真っ先に接するのだ。地域の人々を守っている弟のことは誇りに思うが、彼自身がこの病気で倒れるのではないかと心配でならない。

以前から話題になっているが、特に感染が集中しているニュージャージーのような地域では、医療関係者用の個人防護具(PPE)が足りない。弟が働く病院でももちろん、ないものはない。

でも、弟たち医師はPPEが病院に入ってくるのを待っていられない。とにかく一生懸命患者の治療にあたらなくてはならない。どうにかして自分の身を守ろうとしながら。

すなわち、防護具が病院にない以上、それがないままで働くか、自費で買うか、自分で作るかしかない。

アメリカに『冒険野郎マクガイバー』というテレビドラマがある。2016年からリメーク版が放映されているが、アメリカでは80年代から愛されてきた。

連邦政府関連の秘密組織のエージェントとして働く主人公アンガス・マクガイバーは、さまざまな事件を解決するのだが、どんなエピソードでも身の回りにある日用品を使って絶体絶命のピンチを切り抜けるシーンがある。その場面があまりにインパクトが強いためか、アメリカでは極端なDIYを番組にちなんで「マクガイバーイング(macgyvering)」と言うようになった。

そして今、医療関係者がその辺のごく普通のものから防護具を作ることも「マクガイバーイング」と呼ばれているのだ。

3月上旬からN95マスクが手に入らない

弟と彼の同僚が抱えている最大の課題はマスク不足。厳密に言えば、N95という医師用のサージカルマスクが足りない。N95の「95」とは95パーセントのことで、0.1~0.3μm(マイクロメートル)の微粒子を95%以上捕集できるから、そう呼ばれている。医療関係者としてぜひとも欲しいものだが、値段が高い上、感染拡大が深刻になっているニュージャージーでは特に、3月上旬からなかなか手に入らなくなっているらしい。

そこで、医師らが「マクガイバーイング」を考え始めた。普通に手に入るものを応用して、サージカルマスクに代わるマスクは作れないものか?

ニュース速報

ワールド

ナゴルノ紛争、米仲介の停戦発効後も攻撃続く

ビジネス

トルコ大統領、仏製品ボイコット呼び掛け 風刺画引き

ワールド

EU、WTO事務局長選でナイジェリア候補を支持=当

ワールド

メルケル独首相の与党、12月4日の次期党首選を延期

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月