最新記事

感染症対策

日本の老舗酒蔵が乗り出す高濃度アルコール商品 基本は飲用、でも消毒液の代替品に

2020年4月10日(金)17時25分

厚労省も緊急措置として病院へ使用を許可

こうした状況を受け、厚生労働省は3月下旬、臨時の措置として、高濃度エタノール製品を手指消毒用エタノールの代替品として用いることは差し支えないとの見解を示し、日本病院会に向けても、会員への周知を促した。これにより、酒造メーカーが作る高濃度エタノール製品は、手指消毒用の代替として「お墨付き」を得た格好となった。

経済産業省によると、手指消毒用アルコールの生産は2月が昨年月平均比1.8倍、3月は2.2倍となっている。

サントリーホールディングスは、米国とスペインで消毒液の生産を行っており、カナダでの生産も検討中。日本国内では、法規制はあるものの「いかなる形で協力できるか、前向きに具体的に検討している」(広報担当者)としており、消毒液の製造の検討を進めていることを明らかにした。

また、従来から消毒液を製造している花王は9日、これまでの委託生産中心から、シャンプーなどを製造している自社の4工場に生産を広げるなど体制を整え、4月後半からはこれまでの20倍以上の増産が可能になると発表した。広報担当者は、行政との連携の中で、従来よりも早く製造認可を得ることができたとしている。

(編集:石田仁志)

[ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

【関連記事】
・新型コロナウイルス感染症で「目が痛む」人が増えている?
・イタリア、新型コロナウイルス死者・新規感染がペース再加速
・新型コロナウイルス、男性の死亡リスクが高い理由
・シンガポール、教員に「ズーム使用停止」命じる オンライン授業中に重大事案が発生
・気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること


20200414issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年4月14日号(4月7日発売)は「ルポ五輪延期」特集。IOC、日本政府、東京都の「権謀術数と打算」を追う。PLUS 陸上サニブラウンの本音/デーブ・スペクター五輪斬り/「五輪特需景気」消滅?

ニュース速報

ビジネス

コロナショック、経済構造変化の可能性無視できず=日

ワールド

欧州司法裁、米国へのデータ移転の枠組みに無効判断

ワールド

中国、ウイグル族弾圧否定 確認のため米国務長官に訪

ワールド

中国、英のファーウェイ排除に対抗措置の用意=商務省

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗っただけで71人が2次感染

  • 2

    韓国は「脱日本」の成功を強調 日本の輸出規制から1年、その実態は?

  • 3

    東京都、新型コロナ新規感染286人で過去最多を更新 「GoToトラベル」は東京除外で実施へ

  • 4

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 5

    「BCGは新型コロナによる死亡率の軽減に寄与している…

  • 6

    マスク姿で登場したトランプ米大統領とジョンソン英…

  • 7

    インドネシア、地元TV局スタッフが殴打・刺殺され遺体…

  • 8

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 9

    中国に不可欠な香港ドル固定相場制度、米国と対立で…

  • 10

    香港「一国二制度」の約束をさっさと反故にした、中…

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続200人台、検査数に加え陽性率も高まる

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 8

    世界へ広がる中国の鉱物資源買収 オーストラリア・カ…

  • 9

    新型コロナの起源は7年前の中国雲南省の銅山か、武漢…

  • 10

    香港国家安全法という中国の暴挙を罰するアメリカの…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 4日連続2…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月