最新記事

日韓関係

「ビザ無効で強制退去?」 新型コロナウイルス対策でも大もめの日韓両政府に巻き込まれた人びと

2020年3月17日(火)19時45分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

新型コロナウィルスの流行が治まれば、再びパスポートのみで行き来できるようになる?

<感染症抑止のための入国規制は、留学生からK-POPアイドルにまで影響が......>

今月5日から6日にかけて、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした入国制限処置をめぐり、日韓関係が大きく揺れた。そして、その揺れは波となり様々な場所に広がっている。

日本政府は今月5日、新型コロナウイルス感染拡大の水際対策として、3月9日0時から中国と韓国からの入国を制限すると発表した。これにより、発行済みのビザも無効となり、90日以内のビザなし滞在もできなくなってしまった。たとえ入国できたとしても14日間の隔離を要請するという。日本外務省の発表によると、韓国人が既に取っていたビザ約17,000件が停止になったと発表している。

日本政府からの発表が行われた翌日6日、日本の入国規制に猛反発した韓国は、対抗処置として日本の措置と同じく、発行済みビザ効力無効と90日間のビザ免除の停止処置を行うとし、適用開始日は日本と同日時と発表した。

「今更時期が遅すぎではないのか?」「韓国からの入国規制は他国も行っているのに、なぜ日本にだけ対抗処置をとるのか?」など、ネット上ではこの対応を疑問視する意見が両国で飛び交った。さらに、執行日の9日、入国制限強化がスタートしたと思ったら、今度は「事前通達した」「いや聞いてない」という食い違いの主張が水掛け論になっている。

近くて遠い国だったはずの両国が、一歩ずつ進んだりまた後退したりしながら、徐々にではあるがここ10年でかなり距離を縮めたと思っていた。しかし、いざ
何か問題が起きるとまたいつもの状態に逆戻りだ。

翻弄される在韓日本人

このような問題が起きた時、一番に振り回されるのは韓国に在住している日本人たちだろう。筆者も韓国に在住していた頃は日韓で問題が勃発するたびに、何か起きるかと身構えたものだ。

まず、ビザの効力停止の一報を聞いた一部の在韓日本人が混乱し始めた。SNS上では、国際結婚や留学生など、ビザで滞在し生活している人たちの間で「日本に強制帰国になるかも」などというデマが流れ出した。もちろん、これは一部の人たちであり、大部分は「いや、まさかビザの無効と言っても既に入国している人は強制退去にならないだろう」と冷静な反応だった。

また既に入国し韓国に住んでいる日本人は強制退去にならないとしても、日本へ一時帰国していた人の再入国はどうなるのか? これも不安を募らせていた人が多かったようだが、外国人登録証を所持しているなら問題なく再入国可能という。

このような細部の規定は入国規制強化が発表された時にははっきりしていなかったために、内心ひやひやしながら問い合わせた日本人も多かったようだ。

ただし、運悪く外国人登録証をまだ受け取っていなかった人や、留学ビザでの韓国入国前だった人は残念ながらしばらく韓国に入国することはできなくなってしまった。特にこの時期は新学期シーズンだったため、新入生として留学準備していた人たちの中には、入国を見合わせざるを得ない人も多かったようだ。実際、韓国外語大学は、今学期から交換留学生として迎えるはずだった日本人11人の留学中止を発表している。

ニュース速報

ビジネス

ANAが午後に構造改革、需要戻らずスリム化急ぐ L

ワールド

米上院、最高裁判事にバレット氏承認 トランプ大統領

ワールド

米最高裁、ウィスコンシン州郵便投票の期限延長を認め

ビジネス

印フューチャー、事業売却中止なら清算手続き アマゾ

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月