最新記事

新型コロナウイルス

クルーズ船の外国人船員を忘れるな──押し付けられた危険任務

2020年2月26日(水)11時15分
スリバラ・スブラマニアン

マスクを着けて船を清掃するダイヤモンド・プリンセス号のクルー KIM KYUNG HOON-REUTERS

<ダイヤモンド・プリンセス号の乗員の7割以上がフィリピン、インド、インドネシア出身。船内における乗客と乗員の条件は「平等ではない」と橋本岳厚生労働副大臣も認めているが>

バレンタインデーの2月14日、クルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号の乗員メイ・ファンティロは、同僚たちが踊る動画をツイッターに投稿した。危機のさなかでも元気に頑張っている姿を見せるためだ。船は新型コロナウイルスCOVID-19の感染拡大を受けて、日本の横浜港で隔離されていた。

隔離措置は2月19日に終了したが、ファンティロはもう元気ではなかった。「状況は毎日悪くなる一方。ウイルスがどこにいるのか、私たちには分からない」。そうツイートした彼女は、在日フィリピン大使館に助けを求めた。

乗員1045人の70%以上は、フィリピン、インド、インドネシアのアジア3カ国の出身者だ。このクルーズ船は中国以外で最大の感染スポットだが、乗員たちの窮状はあまり取り上げられてこなかった。これまでに感染が確認された634人のうち、50人以上が乗員だ。

船内に残る人々の試練はまだ終わっていない。乗員は客室の消毒を手伝った後、すぐに「正式な隔離」に入る。船内の隔離を維持するため、長時間労働を続けてきた彼ら自身は、そもそも隔離されていなかった。

乗員はその間、食料や水、医薬品を乗客に届け、潜在的な感染の危機にさらされた。寝る場所は相部屋で、トイレや食事場所も共同だった。

乗員の一部がウイルス検査で陽性と判明すると、隔離システムの不公平さが明らかになった。日本の橋本岳厚生労働副大臣もCNNの取材に対し、乗客と乗員の条件は「平等ではない」と認めている。

多くの感染症専門家が、隔離は失敗だったのではと懸念している。理由の1つは、乗員の隔離が不徹底だったことだ。ハーバード大学公衆衛生学大学院のマイケル・ミナ助教(疫学)は、「乗員は自分を隔離するわけにはいかない。部屋も相部屋だ。明らかに受け入れ難いリスクを彼らに押し付け、感染を広げた」と指摘した。

乗客で医師のアーノルド・ホプランドはニュースサイトのポリティコにこう語った。「乗員はひどく怯えている。彼らは狭い船室に押し込められ、肘と肘がぶつかりそうな距離で働いている」

乗員がSNSを使い、自国政府に下船させてほしいと訴えると、一部には前向きな反応もあった。フィリピンのロクシン外相は「今すぐ彼らを帰国させたい」と語った。大半のフィリピン人乗員は下船を希望しているが、一部は隔離措置の完了まで船内に残る意向を示している。

ニュース速報

ワールド

東京の新規感染107人、「感染拡大要警戒」の段階と

ワールド

ロシア改憲投票、賛成約8割 プーチン大統領の203

ワールド

北京のコロナウイルス、東南アジア由来の可能性=ハー

ワールド

都と緊密に連携、直ちに緊急事態宣言出す状況に該当せ

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まっていた

  • 4

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 5

    コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

  • 6

    「大した問題でもないのにやり過ぎ」北朝鮮幹部、金…

  • 7

    急速に勢いを失いつつあるトランプ、大統領選の潮目…

  • 8

    海王星の「ダイヤモンドの雨」を新たな手法で解析

  • 9

    山本太郎の胸のうち「少なくとも自分は、小池さんに…

  • 10

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 5

    米南部の感染爆発は変異株の仕業?

  • 6

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 7

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 8

    米中スパコン戦争が過熱する中、「富岳」の世界一が…

  • 9

    韓国、環境対策で包装材削減に向けた「セット販売禁止…

  • 10

    スウェーデンが「集団免疫戦略」を後悔? 感染率、…

  • 1

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 2

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 3

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持表明、鍵握る麻生副総理

  • 4

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 7

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

  • 8

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 9

    傲慢な中国は世界の嫌われ者

  • 10

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月