最新記事

感染症

新型コロナウイルス、世界へ拡散させた「シンガポールルート」

2020年2月19日(水)10時48分

恐怖が身近に迫る

サーボメックスの首脳陣チームや海外営業部門の従業員などの社内メールに基づくと、会議から1週間余りたってから、マレーシアで最初の感染症例が出現した。ウイルスの潜伏期間は最長14日で、キャリア(感染者)が発症前に別の人々に感染させることもあり得る。

同社は、ウイルスを抑え込み、従業員と地域社会を守るための「幅広い措置」を直ちに講じたと表明し、109人の会議出席者全員を個別に隔離した。このうち94人はシンガポール国外から会議に参加し、既に同国を離れていた。

ウイルスは広がり続けた。

マレーシア人感染者とビュッフェで食事を共にしていた韓国人2人が発症。また、このマレーシア人からは姉妹と義理の母にも感染した。シンガポール人の会議出席者3人からも陽性反応が出た。

その後は欧州に飛び火。ウイルスに感染した英国人出席者がフランスのスキー場に向かって、そこで5人が発症した。スペインでも因果関係がありそうな感染例が確認され、この英国人がイングランド南部の地元に戻ると、ウイルスの拡散がさらに進んだ。

地元の学校の発表によると、学校は2人を隔離対象にした。同じ学校に子供が通っているナタリー・ブラウンさんは「1分前まで中国の話だったのが、次の瞬間に文字通り、自分たちの家の玄関前の階段のところまで来ている。感染拡大の速さは驚くほどで本当に怖い」と語る

時間切れ

シンガポールに舞台を戻すと、当局は国内で新たに広がっていくウイルス感染を追跡し続けるのに四苦八苦だったが、この多くは最初の感染例とは無関係だった。

グランドハイアット・シンガポールの経営陣は、ホテル内を徹底的に清掃するとともに、従業員と客に感染者がいないかどうか監視していると述べたが、1月の会議の出席者が「いつ、どこで、どのように」感染したかは分からないと頭を抱える。会議の光景をフェイスブックに投稿した獅子舞の踊り手たちは、自分たちはウイルスに感染していないと話している。

シンガポール国立大学の感染症専門家ポール・タンブヤー氏は「会議に出席した者がペーシェント・ゼロだと誰もが決めつけるが、清掃担当者かもしれないし、ウェイターかもしれないのだ」と語り、ほかの感染経路の可能性を突き止めるためにも、ペーシェント・ゼロを見つけることがとても重要なのだと付け加えた。

とはいえ時間はなくなりつつあるかもしれない。

シンガポールのケネス・マク保健相は、政府として感染拡大が終息するまでペーシェント・ゼロを特定する努力を続けると宣言したが、時間が過ぎれば過ぎるほど実現は難しくなる。マク氏も「ペーシェント・ゼロが誰か、もう永遠に分からなくなるかもしれない」と本音をのぞかせた。

(John Geddie/Sangmi Cha/Kate Holton記者)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

バイデン米大統領、一般教書演説で共和党に協力呼びか

ワールド

中国が電話協議を拒否、偵察気球巡り=米国防総省

ワールド

米一般教書演説、自社株買い課税や超富裕層増税に注目

ビジネス

ECB、政府預金の付利引き下げ 国債不足懸念の後退

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月