最新記事

イスラム過激派

フィリピン南部で医師誘拐 軍との戦闘で負傷者がいるイスラム系テロ組織の犯行か

2020年2月7日(金)16時55分
大塚智彦(PanAsiaNews)

銃で武装した4人組に誘拐されたダニエル・モレノ医師 Eagle News / YouTube

<ISやアルカイダなど中東のイスラム過激派組織が追い詰められている一方で、東南アジアではテロ組織の活動がいまだ続いている>

フィリピン南部のスールー州で2月4日に地元クリニックで働く医師が正体不明の男らに連れ去られる事件が発生した。地元警察や軍の対テロ部門などは同地域で活動を続けているフィリピンのイスラム系テロ組織「アブ・サヤフ」による誘拐事件との見方を強めて行方不明となっている医師を捜索している。

地元紙「フィリピンスター」や「ブナ―ルニュース」などの報道によると、スールー州などを管轄する現地軍の報道官が5日、同州ホロ島にあるホロ市中心部で4日夜、ダニエル・モレノ医師が銃で武装した4人組に拉致され、赤い車に乗せられてインダナン方面に連れ去られたと発表した。

目撃者などの情報ではモレノ医師は市中心部にある自宅兼クリニックから誘拐されたが、クリニックが警察署や市役所に近い場所であることから犯人ら4人組は軍人や警察の制服を着用して変装してモレノ医師を連行したという。

モレノ医師を乗せた赤い車は逃走方向であるインダナン市でも目撃されており、同方面を経由して行方をくらませたとみている。警察によるとこれまでのところ今回の事件に関する犯行声明や身代金の要求は届いていないという。

負傷者治療目的で医師誘拐か

現地警察などによると、犯行はイスラム系テロ組織アブ・サヤフによる可能性が極めて高いという。その根拠として、①ホロ市、インダナンなどはいずれもアブ・サヤフの活動地域である ②誘拐は近年のアブ・サヤフの資金稼ぎの常とう手段である ③アブ・サヤフのメンバーに多数の負傷者がでており、医師、看護師などの医療関係者が必要とされていた、などが指摘されている。

アブ・サヤフは1月18・19日に同じく南部のタウイタウイ州で2度に渡りフィリピン軍と衝突し激しい銃撃戦となった。この時アブ・サヤフ側は少なくとも5人が死亡し、現場を逃れた多数のメンバーが負傷したと伝えられている。このため潜伏中の負傷メンバーの手当て、治療が緊急に必要とみられていたことから軍や警察は同地域周辺で従事する医療関係者に対して「身辺に注意するように」との警告を発していたという。

今回の事件がアブ・サヤフによる「負傷者の治療」が目的の医師誘拐であるとすれば、犯行声明や身代金要求など「通常の誘拐事件」とは異なる展開になる可能性があると治安当局ではみている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

カナダ中銀、急速な利上げ継続 基調インフレ緩和せず

ビジネス

米ペロトン、従業員約12%削減へ 会社「救う」措置

ビジネス

米新規失業保険申請21.9万件、予想より増加 ハリ

ワールド

英、冬季に3時間の計画停電実施も ガス輸入不十分な

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 4

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 5

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 6

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 7

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 4

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 5

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 6

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 10

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月