最新記事

イスラム過激派

フィリピン南部で医師誘拐 軍との戦闘で負傷者がいるイスラム系テロ組織の犯行か

2020年2月7日(金)16時55分
大塚智彦(PanAsiaNews)

銃で武装した4人組に誘拐されたダニエル・モレノ医師 Eagle News / YouTube

<ISやアルカイダなど中東のイスラム過激派組織が追い詰められている一方で、東南アジアではテロ組織の活動がいまだ続いている>

フィリピン南部のスールー州で2月4日に地元クリニックで働く医師が正体不明の男らに連れ去られる事件が発生した。地元警察や軍の対テロ部門などは同地域で活動を続けているフィリピンのイスラム系テロ組織「アブ・サヤフ」による誘拐事件との見方を強めて行方不明となっている医師を捜索している。

地元紙「フィリピンスター」や「ブナ―ルニュース」などの報道によると、スールー州などを管轄する現地軍の報道官が5日、同州ホロ島にあるホロ市中心部で4日夜、ダニエル・モレノ医師が銃で武装した4人組に拉致され、赤い車に乗せられてインダナン方面に連れ去られたと発表した。

目撃者などの情報ではモレノ医師は市中心部にある自宅兼クリニックから誘拐されたが、クリニックが警察署や市役所に近い場所であることから犯人ら4人組は軍人や警察の制服を着用して変装してモレノ医師を連行したという。

モレノ医師を乗せた赤い車は逃走方向であるインダナン市でも目撃されており、同方面を経由して行方をくらませたとみている。警察によるとこれまでのところ今回の事件に関する犯行声明や身代金の要求は届いていないという。

負傷者治療目的で医師誘拐か

現地警察などによると、犯行はイスラム系テロ組織アブ・サヤフによる可能性が極めて高いという。その根拠として、①ホロ市、インダナンなどはいずれもアブ・サヤフの活動地域である ②誘拐は近年のアブ・サヤフの資金稼ぎの常とう手段である ③アブ・サヤフのメンバーに多数の負傷者がでており、医師、看護師などの医療関係者が必要とされていた、などが指摘されている。

アブ・サヤフは1月18・19日に同じく南部のタウイタウイ州で2度に渡りフィリピン軍と衝突し激しい銃撃戦となった。この時アブ・サヤフ側は少なくとも5人が死亡し、現場を逃れた多数のメンバーが負傷したと伝えられている。このため潜伏中の負傷メンバーの手当て、治療が緊急に必要とみられていたことから軍や警察は同地域周辺で従事する医療関係者に対して「身辺に注意するように」との警告を発していたという。

今回の事件がアブ・サヤフによる「負傷者の治療」が目的の医師誘拐であるとすれば、犯行声明や身代金要求など「通常の誘拐事件」とは異なる展開になる可能性があると治安当局ではみている。

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、リスク選好度低下で安全買い

ビジネス

ECB、レバレッジ比率の緩和措置を9カ月延長 22

ワールド

「今すぐワクチン受けて」、バイデン氏呼び掛け 目標

ビジネス

FRB、最低23年末までゼロ金利維持を=ミネアポリ

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 2

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正反対の判決に動揺広がる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    「量子もつれ顕微鏡」が「見ることができない」構造…

  • 5

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 6

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 9

    国民の不安も科学的な提言も無視...パンデミック五輪…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 3

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 6

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 6

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月