最新記事

2020米大統領選

アイオワ民主党の欠陥投票アプリを作った会社と候補者のあやしい関係?

Shadow Inc Lists 'Client Success Rep' Job Posting Amid Iowa Caucus Failure

2020年2月5日(水)17時10分
ベンジャミン・フィアナウ

アイオワ州党員集会でスマホに見入るエリザベス・ウォーレン候補の支援者たち(2020年2月3日)Brian Snyder -REUTERS

<アイオワ州の民主党党員集会で投票の集計が大幅に遅れている。元凶の投票アプリを作った会社シャドウと民主党は癒着していたのではないか、という噂まで飛び出した>

2月3日、民主党の大統領候補指名争いの初戦となるアイオワ州の民主党党員集会が開催されたが、いくら待っても投票結果が出ないという異常事態に陥った。原因は投票を集計するモバイルアプリの不具合で、技術的な問題はいまだに解決されていない。アプリを開発した会社シャドウには、全米から非難と疑惑のまなざしが向けられている。

3日夜、アイオワ州の民主党関係者はシャドウのモバイルアプリを通じて選挙区の投票結果を送信しようと何時間も奮闘したが、うまくいかなかった。同州の民主党幹部は1月、このアプリがあれば、1700の会場で行われる党員集会の投票プロセスがよりスムーズになると主張していた。

党員集会の集計の遅れに衆目が集まった4日の朝、ある求人サイトに「クライアントサクセス(顧客の成功)担当者」を募集するシャドウの広告が掲載され、たちまちソーシャルメディアで嘲笑の的になった。なにしろ、「[応募者は]テクノロジーがいかに選挙活動を盛り上げ、主催者の成功を後押しするかを理解する必要がある」とあるのだから皮肉だ。

シャドウは民主党が何らかの取引をしていたのではないか、という陰謀論も飛び出した。シャドウの共同設立者でCEOのジェラルド・ニエミラは、2015~16年にヒラリー・クリントンの支援団体に所属していたヒラリーの選挙対策本部の元メンバーだ。

SNSの嘲笑の的

アイオワ州党員集会の失態を見て、ネバダ民主党のウィリアム・マッカーディ委員長は4日、声明を出した。「昨夜のアイオワ州党員集会で起きたことは、2月22日のネバダ州党員集会では起きないと保証します。われわれはアイオワ州で使用されたアプリやベンダーを採用しません」

4日午後になってやっと発表された党員集会の中間集計で首位に立ったのは、インディアナ州サウスベンド前市長ピート・ブティジェッジ。民主党候補のなかで最年少の穏健派だ。無名だったが、最近アイオワ州の世論調査で支持率トップになり、有力候補として浮上した。そしてシャドウのジェラード・ニエミラCEOは、ブティジェッジ陣営のデジタルディレクターと結婚したと報じられている。

ワシントンに拠点を置くシャドウは、デジタル戦略を専門とする民主党系非営利団体アクロニムの技術部門だ。ウォールストリート・ジャーナルの報道によると、アイオワ民主党は昨年6月、シャドウに約6万3000ドルを支払って「手頃な価格で簡単に使える投票ツール」の開発を依頼した。

<参考記事>米民主党アイオワ州党員集会、若手のブーテジェッジが暫定1位
<参考記事>注目を集めるミレニアル世代の大統領候補ピート・ブーテジェッジ

ニュース速報

ワールド

第3四半期の韓国GDP改定値、前期比+2.1% 小

ビジネス

米ズーム、売上高見通しが予想上回る 第3四半期は利

ビジネス

カナダ、2022年からデジタル税導入を計画 大手I

ビジネス

米、今後数カ月「厳しい」局面に ワクチン巡りなお課

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 3

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 6

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文…

  • 7

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 8

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 9

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月