最新記事

図書館

2019年、米国人は映画へ行くより足繁く図書館通い

2020年2月6日(木)17時10分
松丸さとみ

ニューヨーク公共図書館 adamkaz-iStock

<アメリカで映画やコンサートといった文化的な娯楽やアクティビティについて、この1年間でどの程度の頻度で行ったかを尋ねた......>

図書館は年間10.5回、映画館は5.3回

米国人は2019年、映画よりもコンサートよりも、図書館に足繁く通った──こんな調査結果が明らかになった。

この調査は、米ギャラップが2019年12月上旬、18歳以上の1025人を対象に行ったもの。映画やコンサートといった文化的な娯楽やアクティビティについて、この1年間でどの程度の頻度で行ったかを尋ねた。もっとも頻度が高かったのは図書館で、通った回数は1人あたり平均で10.5回だった。2位の映画館での映画鑑賞(5.3回)、3位のスポーツ観戦(4.7回)のほぼ倍だった。

男女別に見ると、どちらも図書館が1位ではあったものの、通った回数は女性が年間13.4回と、男性の7.5回の倍近くになった。一方で男性で目立ったのが、国立公園・歴史公園へ行く(男性は4.9回、女性は2.4回)や、スポーツ観戦(男性は5.7回、女性は3.7回)、カジノ(男性は3.4回、女性は1.7回)だった。

図書館通いはまた、年齢が若い層で多く、18〜29歳は年間15.5回と、もっとも少ない50〜64歳の年間6.8回の倍以上となった。これは、年齢層が若い人たちの中には学生も含まれ、学校の勉強のために図書館通いをしている人もいるせいではないかと見られている。一方で、この年齢層はカジノに行った頻度も、年間4.4回と他の年齢層と比べもっとも多かった。カジノへ行く頻度がもっとも少なかった年齢層は65歳以上で、年間平均1.4回。

年齢別で見ると、このような文化的な娯楽施設へ通う頻度がもっとも高かったのは30〜49歳の層だったが、これについてギャラップは、この世代は金銭的に安定しているためではないかとしている。

低所得者ほど頻繁な図書館通いとカジノ通い

こうした文化的な娯楽施設へ通う頻度は、収入の度合いでも違いが見られた。概して、収入が多い人たちは、娯楽やアクティビティの頻度は高くなる。これは、コンサートやスポーツ・イベントのチケット代が高価になることからも、当然といえる。

一方で図書館は、収入が低い人たちほど通う頻度が高く、収入が高くなるにつれ頻度は減った。年収4万ドル(約439万円)未満の人たちが図書館に通った回数は年間平均で12.2回、年収4万〜9万9999ドル(約439万〜1098万円)は10.4回、10万ドル(約1098万円)以上は8.5回だった。

ギャラップは、図書館は無料で利用できることや、Wi-Fiといった本以外のサービスが利用できることなどが、低所得者の利用頻度が高い理由だろうと分析している。前述の通り、収入が多くなるほど娯楽やアクティビティの頻度は増えるが、図書館とカジノ、動物園は、どの層よりも低所得者層の利用頻度が高かった。

ニュース速報

ビジネス

米経済活動は急低下、新型コロナによる混乱で=地区連

ワールド

湾岸アラブ6カ国の新型コロナ感染者20万人超、1カ

ワールド

米政権、香港への優遇関税停止を検討 国家安全法踏ま

ワールド

米、香港への優遇措置継続できず 国家安全法受け=国

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそも日本が「4月入学」になった理由とは?

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 8

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    ノーベル賞受賞者が異を唱える──政府は、疫学者の予…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月