最新記事

アメリカ政治

ウクライナ疑惑めぐる弾劾裁判でトランプに無罪評決 共和党の造反はロムニーだけ

2020年2月6日(木)11時10分

米上院は5日、トランプ大統領の弾劾裁判で、2つの訴追条項のうち「権力乱用」について、52対48で無罪評決を出した。アイオワ州デモインで1月撮影(2020年 ロイター/Leah Millis)

米上院は5日、トランプ大統領のウクライナ疑惑を巡る弾劾裁判で、「権力乱用」と「議会妨害」の二つの訴追条項について無罪評決を出した。11月の米大統領選を前に共和党が結束し、トランプ氏の罷免は回避された。

上院全100議員が投じた票のうち、ウクライナ政府に政敵のバイデン前副大統領(民主党)の調査を要求した行為を巡る「権力乱用」は有罪48票、無罪52票で、有罪・罷免に必要な3分の2に届かなかった。共和党からは重鎮のロムニー議員が有罪に賛成票を投じたが、他に造反者は出なかった。

下院の弾劾調査に協力を拒否した「議会妨害」は有罪47票、無罪53票で、共和党と民主党(無所属含む)で票がはっきりと分かれた。

民主党が多数派を占める下院は12月18日にトランプ氏を弾劾訴追する決議案を可決。弾劾訴追された史上3人目の米大統領となった。

無罪評決を受けてホワイトハウスは、「民主党がでっち上げた偽りの弾劾は、トランプ大統領の正しさが完全に証明され、疑いが晴れる形で終わった。これまでわれわれが表明した通り、大統領は無罪だ」との声明を出した。

トランプ氏は、無罪評決後ツイッターに、2024年以降の大統領選のトランプ陣営の選挙ポスターが次々と表示され、最後は「Trump 4EVA(トランプ永遠に)」のポスターで終わる動画を掲載した。米国の大統領は任期が4年で、憲法の規定により2期までとなっている。

トランプ氏はまた、6日正午(日本時間7日午前2時)に演説し、「でっち上げの弾劾におけるこの国の勝利」について語るつもりだと表明した。

トランプ支持率は安定推移

トランプ氏の支持率は就任以降、大きく変動することなく推移しており、弾劾調査が始まってからもその傾向に変わりはなかった。白人男性、農村部の住民、福音主義のキリスト教信者、保守的なカトリック信者など主な支持基盤の顔ぶれは変わっていない。

ロイター/イプソスの3日実施の世論調査では、トランプ大統領の職務遂行能力に関する支持率は42%で、不支持率も54%と高い。9月に弾劾調査が始まった際の支持率は43%、不支持率は53%と、ほとんど変動していない。

再選を目指すトランプ大統領に共和党内で有力な対抗馬はおらず、8月の共和党全国大会で候補者指名を受けるとみられる。

共和党の上院トップ、マコネル院内総務は無罪評決後に記者団に、民主党は11月の議会選挙を有利に運ぶために弾劾裁判を利用したと批判し、これは「大きな間違い」だったと強調。ロムニー氏の造反については「驚き、失望した」と述べた。

民主党の上院トップ、シューマー院内総務は、不公平な裁判での無罪評決には何の価値もないと一蹴。「大統領はきっと、完全無実が証明されたと豪語するだろうが、われわれは真実を知っている。拡大解釈しても、これは裁判とは言えなかった」と語った。

弾劾裁判は1月16日に開廷。前週末に、民主党が求めるボルトン前大統領補佐官(国家安全保障担当)らの証人招致に関する採決が行われ、否決されていた。

ニュース速報

ビジネス

米消費者が失業や債務支払い懸念、新型コロナで=NY

ワールド

中国で限定的な経済回復の兆し、新型コロナ再発に警戒

ビジネス

米政府、新型コロナ対策に絡む国債発行を検討=カドロ

ワールド

米、新型コロナ死者1万人突破 世界3番目=ロイター

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 7

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月