最新記事

情報セキュリティー

米軍が情報流出を恐れてTikTokの使用を禁止──16年にはポケモンGOの先例も

The TikTok Threat

2020年1月23日(木)18時00分
ジョセフィン・ウルフ

magw200123_TikTok2.jpg

ポケモンGOのプレー画面 VOLKAN FURUNCU-ANADOLU AGENCY/GETTY IMAGES

確かに米軍が短い動画を投稿するためのアプリを「サイバー面の脅威」と見なすのは少々ばかげている気もする(国防総省は2016年、政府が支給するスマホでポケモンGOを利用しないよう職員に要請)。一方、中国企業が米軍関係者から動画や位置情報、IPアドレスなどの膨大な情報を収集するのを認めるのも、望ましいことではないだろう。

しかし、米軍がこの方針の適用をどこまで拡大するかは、判断が難しい。中国企業の全てのアプリに網をかけるのか。それ以外の信頼できない国についてはどうか。たとえストラバのような国内企業のアプリでも、軍関係者からデータを収集することで、うっかり安全保障上の問題を引き起こす可能性がある。

いたちごっこは続く

米軍は新しいアプリやテクノロジーがもたらすリスクに対し、明らかに先を見越した対応を意識している。2019年末にはTikTokに加え、家庭用遺伝子検査キットの使用を控えるよう助言した。

米ヤフーニュースによると、2019年12月20日付のメモはこう警告している。「遺伝子検査は規制が不十分であり、個人情報や遺伝情報が流出する恐れがある。そのため意図しないセキュリティー上の影響が出る恐れがあり、軍と作戦行動のリスクを高める」

米軍がストラバのような事態が起きる前に反応することは理にかなっている。だがTikTokの場合と同様に、国防総省が具体的にどんな事態を想定して警告を発したかは、まだはっきりしない。また、こうした脅威の深刻さを正確に予測するのも難しい。

実際、個々のアプリやサービスに1つずつ対応することでテクノロジーの変化に追随し、TikTokやポケモンGOほど人気のない大量の外国製アプリを全て捕捉できるかどうかは分からない。

さらにモバイルアプリの広大な世界では、新しい無名のサービスがもたらすあらゆるリスクに対処することは不可能に近い。昨年12月にもアップルとグーグルが、ToTokというアプリ(TikTokではない)がアラブ首長国連邦のスパイ活動に使われていたとして、自社のアプリ配信サービスから削除したばかりだ。

米軍は結局、安全が確認された指定アプリのみダウンロード可能にして、その他は全てデフォルトで使用不可とする「ホワイトリスト・システム」に移行せざるを得ないかもしれない。さもないと、高まる脅威に対応するのは難しそうだ。

©2020 The Slate Group

<本誌2020年1月28日号掲載>

【参考記事】中国共産党の影が動画アプリ「TikTok」を覆う
【参考記事】2020年は米軍を巻き込む危機が最も起きやすい年に

20200128issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年1月28日号(1月21日発売)は「CIAが読み解くイラン危機」特集。危機の根源は米ソの冷戦構造と米主導のクーデター。衝突を運命づけられた両国と中東の未来は? 元CIA工作員が歴史と戦略から読み解きます。

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏CPI、11月速報値は前年比ー0.3% 4

ワールド

再送-情報BOX:バイデン政権の閣僚・要職候補者の

ワールド

菅首相と小池都知事、高齢者などのGoToトラベル自

ビジネス

イタリア成長率、第3四半期は前期比+15.9% 回

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 3

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 4

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 5

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 6

    夢の国ディズニーで働くキャストの本音

  • 7

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    「夢の国」ディズニーの......リストラが止まらない

  • 10

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 8

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 9

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 10

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月