最新記事

異常気象

海洋熱波によりおよそ100万羽のウミガラスが餓死していた

2020年1月22日(水)19時00分
松岡由希子

アラスカ州からカリフォルニア州までの海岸に大量のウミガラスが漂着した 2016年COASST

<2014年から2016年半ばにかけて発生した海洋熱波「ブロブ」によって大量のウミガラスが餓死してたことがわかった......>

アラスカ州からカリフォルニア州までの西海岸沖で2014年から2016年半ばにかけて発生した海洋熱波「ブロブ」が海洋生態系に甚大な影響をもたらしている。

大量の藻類の異常発生に加え、数多くのカリフォルニアアシカが海岸に座礁したことがこれまでに確認されたほか、2015年から2016年にアラスカ州からカリフォルニア州までの海岸に漂着した大量のウミガラス(海烏)の死骸も一連の海洋熱波と関連している可能性があることがわかった。

●参考記事
5年前に海洋生態系に甚大な影響を及ぼした「海洋熱波」が再び発生

matuoka0912a.jpg

これほどの規模のウミガラスの死骸が発見されるのは前例がない

米ワシントン大学、アメリカ地質調査所(USGS)らの研究チームが2020年1月15日にオープンアクセスジャーナル「プロスワン」で発表した研究論文によると、2015年夏から2016年春までの間、アラスカ州からカリフォルニア州の浜辺で、死亡もしくは瀕死状態にある約6万2000羽のウミガラスが確認された。このうち4分の3はアラスカ湾で見つかり、残りは西海岸沿いで発見されている。

長年、アラスカ州の浜辺に漂着するウミガラスの数をモニタリングしているアマチュア科学者によると、その規模は平年に比べて1000倍だという。漂着が確認されたウミガラスの死骸は全体のごく一部とみられ、研究チームでは、死亡したウミガラスの数は、およそ100万羽にのぼると予測している。

研究論文の筆頭著者であるアメリカ地質調査所のジョン・ピアット博士は「これほどの規模のウミガラスの死骸が発見されるのは前例がない」とし、「海洋の温暖化が海洋生態系に甚大な影響をもたらすおそれがあることを示している」と警鐘を鳴らしている。

漂着したウミガラスの多くはひどく衰弱しており、餓死したとみられている。ウミガラスをはじめとする海鳥は、毎日、体重の半分くらいの餌を捕食する。しかしながら、「ブロブ」に伴う海水温の上昇により、動物プランクトンからサケやスケトウダラなどの大型捕食魚まで、海洋に生息する様々な変温動物の代謝が上がり、ウミガラスの餌となる魚を大型捕食魚が大量に消費したことで、ウミガラスは十分な餌を得ることができず、餓死したようだ。

ニュージーランドの東側でも海洋熱波が発生

研究チームでは、ウミガラスのほか、同じく海鳥の一種であるエトピリカやアメリカウミスズメ、アシカ、ヒゲクジラの大量死も確認している。研究論文の共同著者であるワシントン大学のユリア・パリッシュ教授は「これらの現象はすべて、海水温の上昇が平常時の海洋環境を変え、多くの海洋生物にとって沿岸生態系を変化させてしまうことを示すものだ」と述べている。

NL6KZRVTEFHZ3OBSLTXRSNB2MI.jpg
ClimateReanalyzer.org

「ブロブ」と同様の海洋熱波は2019年夏にも米国西海岸沖で発生しているほか、2019年12月には、ニュージーランドの東側の太平洋でも大規模な海洋熱波が観測されている

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

寄り付きの日経平均は続落 200円超安、米株大幅安

ビジネス

ANAが午後に構造改革、需要戻らずスリム化急ぐ L

ワールド

米上院、最高裁判事にバレット氏承認 トランプ大統領

ワールド

米最高裁、ウィスコンシン州郵便投票の期限延長を認め

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 2

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 3

    中国が極超音速ミサイルを配備、「能力の無駄遣い」と環球時報

  • 4

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 5

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 6

    新型コロナウイルスは糖尿病を引き起こす? 各国で…

  • 7

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 8

    中国はトランプ再選を願っている

  • 9

    アメリカ大統領選挙、ラストベルトもトランプ離れ …

  • 10

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 9

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 10

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月