最新記事

仮想通貨ウォーズ

決済や送金に乗り出すSNSが、それでも銀行を破滅させない訳

THE RISE IN SOCIAL MEDIA PAYMENTS

2020年1月28日(火)13時30分
シェリフ・サミ(フィンテック企業エンターセクトの北米担当上級副社長)

アップル(写真)などテクノロジー企業への信頼は既存の銀行に匹敵するとの調査結果も STEPHEN LAMーREUTERS

<ソーシャルメディアの決済・送金サービスへの進出は、既存の金融機関にとって追い風になる可能性がある。後者が生き延びる道はセキュリティーにあり>

ここ数年、ソーシャルメディア大手が続々と決済・送金サービスに進出する動きを見せている。モノやサービスの料金を支払ったり、ほかのユーザーに送金したりするためにソーシャルメディアを使っている人は、既に膨大な数に上る。

フェイスブックやツイッター、スナップチャットといった有力ソーシャルメディアは、大勢のユーザーを擁し、(ソーシャルメディアの性格上)双方向性が高く、ユーザーの利便性と質の高い利用体験を重んじている。自社の既存のサービスに金融サービスを新たに組み込むことは難しくない。

一方、ユーザーもこれらのソーシャルメディアを使い慣れていて、頻繁に利用している。そのため、ソーシャルメディア企業が提供する金融サービスをすんなり受け入れた。

コンサルティング会社のキャップジェミニと金融業界団体Efmaがまとめた2018年の「世界リテールバンキング・リポート」によれば、消費者の3分の1近くは、フェイスブックやアップル、グーグルといったテクノロジー企業の金融サービスを利用してもいいと思っているという。

いまリテール金融業界は大激変に襲われている。それが革命的な変化に発展する可能性もある。

金融機関は大きな岐路に立たされている。ソーシャルメディア企業と手を結び、自社の強みを生かして、よりシームレスで安全性の高いサービスを提供できれば、長期にわたり成長を持続できる。しかし新しい取り組みに乗り出さず、手をこまねいていれば、ますます変化に取り残され、やがては崩壊しかねない。

今日の消費者は次第に、既存の大手金融機関が提供するサービスに対して不満を強めている。キャップジェミニとEfmaの調査によれば、銀行の支店での体験に満足している人は消費者の51%だけ。インターネットバンキングに満足している人も51・7%にとどまる。

銀行のモバイルサービスに至っては、この割合は47%にすぎない。消費者のニーズが高まっているのは、もっと使いやすく、カスタマイズされていてシームレスな金融サービスだ。多くの従来型金融機関が現時点で提供できていないサービスは、将来的にソーシャルメディアにより提供されるだろう。

ニュース速報

ワールド

アングル:サンダース氏がネバダで圧勝、民主指名争い

ワールド

サンダース氏がネバダで圧勝、バイデン氏2位 米民主

ワールド

お知らせ-重複記事を削除します

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)...厚労省の新型ウイルス情報の英語がひどかった

  • 3

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「リアルさ」

  • 4

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とス…

  • 5

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 6

    3年前に亡くなった7歳の娘と「再会」 韓国、VRを使った…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 9

    性的虐待への巨額賠償が、米ボーイスカウト連盟を破…

  • 10

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 5

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 6

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 8

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月