最新記事

犯罪

巨大児童ポルノサイト捜査で逮捕者300人超──韓国で拡大するダークウェブ

2019年12月23日(月)16時25分
トロイ・スタンガローン(米国韓国経済研究所研究員)

韓国政府はダークウェブの取り締まりに力を入れ始めたが ILLUSTRATION BY BRO STUDIO-SHUTTERSTOCK

<暗号通貨出現によって国家監視の及ばない決済手段が普及し、犯罪の温床となってきたダークウェブ。韓国男性運営の「ウェルカム・トゥ・ビデオ」からは25万点以上の児童ポルノ映像と100万回超のダウンロード件数が>

米英韓などの警察当局がこの10月、いわゆるダークウェブ(闇ウェブ)の児童ポルノサイトをめぐり、これまでに世界各国で300人以上を逮捕・訴追したと発表した。捜査機関は、支払いに用いられたビットコインの取引を追跡することで関係者の検挙にこぎつけた。

問題のサイト「ウェルカム・トゥ・ビデオ」は、現在までに明るみに出たなかで最大規模の児童ポルノサイトとされている。捜査で見つかった映像は25万点以上。ダウンロード件数は100万回を超すと見られている。

一般のネットユーザーにはアクセスできないダークウェブのアイデアが生まれたのは1990年代後半。当時は、アメリカのスパイが秘密の連絡を取る手段として期待されていた。結局、この構想は実現しなかったが、人権活動家や民主活動家が専制国家の監視を逃れて連絡を取り合うために役立つと考えられた。

しかし、ダークウェブは犯罪の温床にもなった。ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)の出現により、国家のコントロールが及ばない決済手段が普及し、この傾向に拍車が掛かっている。

ウェルカム・トゥ・ビデオのサイト運営者は、韓国人男性のソン・ジョンウ。容疑者の3分の2は韓国人だ。

6人だけだった捜査班

児童ポルノサイトは一般に、罰則が軽く、監視が手薄な国に拠点を置く傾向がある。その点、韓国では児童ポルノの制作や配布はともかく、所持に対する罰則が国際的に見てかなり軽い。

韓国でソンにくだされた判決は1年半の実刑。有罪になった韓国人ユーザーたちも、数千ドル相当の罰金を科されただけだ。アメリカでは、この事件で既に15年以上の実刑判決がくだった人物もいるという(ソンは今後、アメリカに身柄を送られて裁かれる可能性がある)。

今回の事件を受けて、韓国も児童ポルノ対策に乗り出した。国会には、最高刑の引き上げを目指す法案が提出されている。政府も大法院(最高裁判所)に対して、量刑ガイドラインを作成するよう要請した。韓国の裁判所で軽い刑しか言い渡されないことが多い要因として、量刑ガイドラインが存在しないことが指摘されているためだ。

しかし、ダークウェブ上で横行する犯罪は児童ポルノだけではない。ユーザー全員が犯罪に手を染めているわけではないが、韓国では世界の平均よりも速いペースでダークウェブの利用が拡大している。1日当たりの利用者数は平均で1万5591人。この数字は、2016年の約3倍だ。

ニュース速報

ビジネス

情報BOX:宣言解除後の国内企業、在宅活用の「ニュ

ビジネス

金融機関向けコロナ対応特別オペ、貸付残高14兆円台

ビジネス

部品揃い次第、6月の国内四輪生産6万台以上を計画=

ビジネス

英アストン・マーチンCEOが退任、後任はメルセデス

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月