最新記事

犯罪

巨大児童ポルノサイト捜査で逮捕者300人超──韓国で拡大するダークウェブ

2019年12月23日(月)16時25分
トロイ・スタンガローン(米国韓国経済研究所研究員)

韓国政府はダークウェブの取り締まりに力を入れ始めたが ILLUSTRATION BY BRO STUDIO-SHUTTERSTOCK

<暗号通貨出現によって国家監視の及ばない決済手段が普及し、犯罪の温床となってきたダークウェブ。韓国男性運営の「ウェルカム・トゥ・ビデオ」からは25万点以上の児童ポルノ映像と100万回超のダウンロード件数が>

米英韓などの警察当局がこの10月、いわゆるダークウェブ(闇ウェブ)の児童ポルノサイトをめぐり、これまでに世界各国で300人以上を逮捕・訴追したと発表した。捜査機関は、支払いに用いられたビットコインの取引を追跡することで関係者の検挙にこぎつけた。

問題のサイト「ウェルカム・トゥ・ビデオ」は、現在までに明るみに出たなかで最大規模の児童ポルノサイトとされている。捜査で見つかった映像は25万点以上。ダウンロード件数は100万回を超すと見られている。

一般のネットユーザーにはアクセスできないダークウェブのアイデアが生まれたのは1990年代後半。当時は、アメリカのスパイが秘密の連絡を取る手段として期待されていた。結局、この構想は実現しなかったが、人権活動家や民主活動家が専制国家の監視を逃れて連絡を取り合うために役立つと考えられた。

しかし、ダークウェブは犯罪の温床にもなった。ビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)の出現により、国家のコントロールが及ばない決済手段が普及し、この傾向に拍車が掛かっている。

ウェルカム・トゥ・ビデオのサイト運営者は、韓国人男性のソン・ジョンウ。容疑者の3分の2は韓国人だ。

6人だけだった捜査班

児童ポルノサイトは一般に、罰則が軽く、監視が手薄な国に拠点を置く傾向がある。その点、韓国では児童ポルノの制作や配布はともかく、所持に対する罰則が国際的に見てかなり軽い。

韓国でソンにくだされた判決は1年半の実刑。有罪になった韓国人ユーザーたちも、数千ドル相当の罰金を科されただけだ。アメリカでは、この事件で既に15年以上の実刑判決がくだった人物もいるという(ソンは今後、アメリカに身柄を送られて裁かれる可能性がある)。

今回の事件を受けて、韓国も児童ポルノ対策に乗り出した。国会には、最高刑の引き上げを目指す法案が提出されている。政府も大法院(最高裁判所)に対して、量刑ガイドラインを作成するよう要請した。韓国の裁判所で軽い刑しか言い渡されないことが多い要因として、量刑ガイドラインが存在しないことが指摘されているためだ。

しかし、ダークウェブ上で横行する犯罪は児童ポルノだけではない。ユーザー全員が犯罪に手を染めているわけではないが、韓国では世界の平均よりも速いペースでダークウェブの利用が拡大している。1日当たりの利用者数は平均で1万5591人。この数字は、2016年の約3倍だ。

ニュース速報

ビジネス

大規模な国債買い入れ、財政政策に踏み込む恐れ=独連

ワールド

第2四半期の英GDP確報値、前期比-19.8% 予

ビジネス

ECB、インフレ「埋め合わせ戦略」検討 対象期間短

ワールド

拉致問題は解決との北朝鮮主張、受け入れられない=加

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 8

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 9

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 10

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月