最新記事

弾劾裁判

米上院のトランプ弾劾裁判は数以上に汚いゲームになる

No One in the Senate Is Going to Follow the Rules on Impeachment. Try This Instead

2019年12月19日(木)16時30分
ダーリア・リスウィック(司法ジャーナリスト)

「大統領は法の上に立つ」というトランプの横車が通るのは民主主義の危機 Leah Millis-REUTERS

<合衆国憲法も無視して「法を超越した」トランプを守る気満々の共和党指導部。巻き返す方法はただ1つだ>

ドナルド・トランプ米大統領の弾劾裁判がいよいよ米上院で開始されることになったが、上院共和党のリーダーであるミッチ・マコネル院内総務は12月12日、FOXニュースのインタビューで、ホワイトハウスのトランプ弁護団と連携して事に当たると明言した。「(裁判の)間、私は全てにおいてホワイトハウスの顧問と足並みを揃える。要するに、大統領とわれわれの立場は完全に一致している」

陪審役を務める上院議員が被告人と手を組むと公言するのは前代未聞だが、誰もこの衝撃的な発言に驚いてもいないようだ。

共和党のリンゼー・グラム上院議員はさらに露骨に本音をぶちまけた。「下院から弾劾決議案が上がってくるが、すぐに葬る。葬るために、私は全力を尽くす。私の気持ちはもう決まっている。この裁判で公正な陪審員の振りをするつもりはさらさらない」

1999年に民主党のビル・クリントン大統領(当時)が弾劾訴追されたときには、証人喚問を強く要求したマコネルだが、今回は証人を呼ぶ必要は一切ないと主張している。

民主党はもちろんのこと、共和党の一部議員も、弾劾裁判でトランプ肩を持つというマコネルの発言に怒りを表明している。これでは裁判の体をなさない。

木を見て森を見ず

合衆国憲法には、弾劾裁判の権限は上院に専属するとし、その場合「議員は宣誓をしなければならない」と明記されている。上院規則の25項に記された弾劾裁判に関する宣誓の文言はこうだ。「これから行われる×××の裁判に属するあらゆる事柄において、私は合衆国憲法と法律に従って公平な裁きを行うことを厳かに誓う。神に誓って間違いなく!」

マコネルが2016年に、審議拒否の荒業を使って、バラク・オバマ前大統領が最高裁判事に指名した穏健派のメリック・ガーランドの承認を葬り去ったのは記憶に新しい。だが私たちは、その後も公正なルールが完全に死んだわけではないと信じてきた。上院規則は、弾劾裁判で議員は不偏不党の陪審員を務めなければならないと定めているのだ。

上院議員が大統領の個人的な利害のために働くことは憲法に反するが、そこを突かずに、もっと狭く、議員の宣誓義務を盾にとってマコネルを批判すれば、ロシア疑惑でトランプの弾劾を求めた民主党の一部議員が陥ったのと同じ罠に陥ることになる。つまり、ロバート・モラー特別検察官がトランプ陣営の司法妨害があったとアメリカの有権者に分かってもらうには、400ページに及ぶ報告書の何ページのどこにその証拠があるかをすべて示さなければならないが、ホワイトハウスと司法長官はたった2ページの虚偽の報告書で「大統領は潔白だ」と主張すれば済んでしまうのだ。

政敵のジョー・バイデン前副大統領と息子のウクライナ疑惑を暴くために、(軍事支援をエサにして)ウクライナ政府に捜査を依頼することが間違いであるのは、既に大半のアメリカ人が認めている。とはいえ、「軍事支援の見返り」とか「贈収賄」といった法律用語にこだわって、それが間違いだと主張しても、有権者を説得できなかっただろう。上院規則25項の宣誓の文言にこだわるのも、それと同じ誤りだ。「共謀」と「陰謀」がどう違うかといった木を見て森を見ない議論に持ち込んで、論点をずらすのがトランプ崇拝者の常套手段。右派の論客が揃うFOXニュースのトーク番組を見ればそれが分かる。

<参考記事>トランプ弾劾に立ちはだかる上院「3分の2」の壁
<参考記事>トランプ弾劾訴追、「2つの罪」に絞ったペロシが正しい理由

ニュース速報

ワールド

香港「金融ハブの地位危うく」、米大統領が中国に不快

ワールド

英、ギリアドのコロナ治療薬を一部患者に供給へ

ワールド

独、6月29日に社会的距離緩和へ 6日から10人以

ビジネス

NY州知事、トランプ大統領と27日会談へ インフラ

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 8

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月