最新記事

ウクライナ疑惑

トランプ弾劾に立ちはだかる上院「3分の2」の壁

What Happens Next?

2019年10月2日(水)20時00分
ニコール・ストーン・グッドカインド

トランプに対する正式な弾劾調査を開始すると発表したペロシ下院議長だが KEVIN LAMARQUE-REUTERS

<共和党優勢の上院でトランプの罷免が可決する見通しは極めて低いが......>

9月24日、米民主党のナンシー・ペロシ下院議長は、ドナルド・トランプ米大統領に関する正式な弾劾調査を開始すると発表。2020年米大統領選の民主党有力候補と目されるジョー・バイデン前副大統領と息子について調査するよう、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領に圧力をかけたという疑惑が浮上したのを受けての動きだ。翌25日にはトランプとゼレンスキーの電話会談の記録が公表され、この動きに拍車を掛けた。

では今後、弾劾手続きは具体的にどう進むのか。

手続きの始まりは?

1974年のリチャード・ニクソンや1998年のビル・クリントンの弾劾手続きは議会の弾劾決議を受けて始まったが、ペロシによれば今回は違う。既に下院委員会レベルでトランプに関する調査が進行中で、ペロシは6つの委員会(司法、情報、歳入、金融、監視、外交)に対し、「弾劾に向けた調査の一環として」調査を進めるよう指示したという。

このやり方が今後大きく変わることはなさそうだ。弾劾問題を委員会レベルにとどめることによって、銃規制強化など他の重要法案が議会を通過しやすくなる、というのがペロシの狙いなのかもしれない。民主党のジェロルド・ナドラー下院司法委員会委員長によれば、同委員会が進めているのは事実上の弾劾調査だという。

ともあれ名実共に弾劾調査になって、トランプ政権は議会による記録文書の閲覧や証人喚問を拒否しづらくなるはずだ。

起訴内容を検討

各委員会は調査終了後、弾劾条項(刑事裁判における起訴に相当)の内容について提案する。それに基づいて司法委員会が正式な条項を起草し、下院に提出するかどうか採決を行う。条項が承認された場合は、下院の単純過半数の賛成票をもって承認される。

下院は弾劾に踏み切る?

答えはイエスだ。下院(定数435)は現在、民主党235議席に対し共和党198議席で民主党が過半数を占める。ニューヨーク・タイムズ紙によれば、24日時点で弾劾に賛成と答えた下院議員は203人、反対または未定が88人、144人が未回答。弾劾条項可決には下院の単純過半数の承認さえあればよく、「未定」と「未回答」から15人が賛成に回れば成立となる。

その場合トランプの選択肢は2つ。ニクソンのように裁判開始前に辞職するか、クリントンのように弾劾裁判に臨むかだ。

ニュース速報

ワールド

最後の香港総督パッテン氏、中国主席を批判「新冷戦引

ワールド

トランプ氏、G7延期を表明 ロシアや韓国など加え中

ビジネス

5月の中国製造業PMI50.6に低下、需要低迷で回

ワールド

米が9年ぶり有人宇宙飛行、初の民間船をISSへ

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 5

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 6

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月