最新記事

米中貿易戦争

米中貿易第1段階合意はトランプの大ウソ、第2段階はない

The Good, the Bad, and the Ugly: Three Takeaways From the Would-Be U.S.-China Trade Deal

2019年12月16日(月)19時10分
キース・ジョンソン

第1段階の合意は本物の貿易協定ではなく、本質的には「大規模な輸入合意」だ。また、この合意そのものにも疑問符が付く。中国は来年、500億ドル分の米農産品を輸入する用意があるとの報道がもっぱらだが、この点にアナリストは納得していないのだ。この数字は中国市場の需要を上回っている可能性が高いうえ、アメリカの農家がそれだけの量を生産できるかどうかも明らかではない(ちなみにアメリカから中国への農産品輸出高は300億ドルを超えたことがない)。

つまり、2年にわたる追加関税、貿易戦争による米農家の破産や不安定な株式市場といった犠牲を払ったあげくの「成果」は、オバマ政権最後の年の状況に戻るだけということになりかねない。この年でも中国は、アメリカの最大の農業輸出国として米国産の大豆やトウモロコシ、豚肉などを214億ドルほど輸入していた。

「大回りしたあげく、アメリカにとってはあまりいい結果にはなっていない」とラブリーは言う。

だがそもそも米中の貿易戦争は、中国が国家ぐるみでアメリカの知的財産権を侵害したり、国有企業を支援するなど組織的に競争を阻害しているとの疑惑があったために、アメリカが通商法301条による調査を始めたことに端を発している。そうした問題への正しい対処として今回の合意が意味を持つのかは明らかではないし、今後の交渉に期待をつなぐこともできない。

がまんができないトランプ

「(今回の合意は)米中の経済関係のいかなる問題の解決にもつながらないだろう。農産物や原油の輸出の問題ではない」と、アメリカン・エンタープライズ研究所の中国専門家、デレク・シザーズは言う。

しばらく前から米当局者は、限定的な「第1段階」の合意という言葉を口にし始めていた。大きな打撃を受けた農家をある程度救うことを先行させ、意見の隔たりの大きい構造的な問題は続く第2段階の合意で扱うというわけだ。だが関税の引き下げや中国側の一定の譲歩があったからといって、トランプが主張するように第2段階の協議がすぐに始まるとは思えない。

「第2段階の合意はないだろう。中国側に動機がない」とシザーズは言う。

中国を経済モデル全体の構造を変えさせることが不可能だと言うのではない。ただ、実現にはもっと持続的な(トランプが望むよりずっと長期間の)圧力が必要になる、とシザーズは言う。

「根本的な問題の変化には、6年はかかるだろう。だがアメリカが中国に重い関税をかけるようになってまだ7〜8カ月しか経っていない。7カ月では中国との貿易摩擦で勝つことはできないのに、トランプはがまんできないのだ」

関連ワード

ニュース速報

ワールド

安倍前首相が靖国参拝、「退任を報告」とツイッターに

ワールド

アングル:豪州ビザ無効の中国人研究者、「絵文字で有

ワールド

焦点:湾岸2カ国とイスラエルの国交正常化、サウジも

ワールド

アングル:燃料需要、学校再開で増加 公共交通機関は

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 4

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 5

    ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリ…

  • 6

    2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

  • 7

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 10

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 5

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 6

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 7

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 8

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 9

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月