最新記事

仮想通貨

遺体を掘り起こせ! 謎の急死を遂げた仮想通貨企業CEOに深まる疑念

2019年12月17日(火)15時15分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

CoinSpice-YouTubeより

<死を偽装したのではないか──疑念は深まるばかり。ついに債権者らは弁護士を立て、コッテンの死亡証明と検死解剖調査するよう求めている>

今年1月29日、カナダのマウントゴックスともされる暗号取引所「QuadrigaCX(クアドリガCX)」が突然サービスメンテナンス中になり、2月1日には、州最高裁に債権者保護を申請。取引所はすぐにオフラインになった。

明らかになったのは、ジェラルド・コッテン創業者兼CEOが旅先のインドで前年12月9日に死亡し、利用約11万5000人の口座の1億8000万カナダドル(約150億円)のウォレットに永久にアクセスできなくなったということだ。取引所のコールドウォレットのキーを知る唯一の人物こそ死んだ張本人コッテンだった。この状況は今現在も続いており、顧客たちは宙ぶらりんのまま。

普通ならもちろんこのニュースは、業界の一翼を担う人材の訃報として扱われるが、そうとはいかない。亡くなった後、様々な憶測が飛び交っていた

疑惑のネタが次々と・・・

実は、クアドリガCXは一昨年、子会社幹部の不正がカナダ帝国商業銀行(CIBC)に見つかり、アカウントは凍結。この時顧客388人の280万カナダドルが取り出せなくなり、これが解除されたのが昨年12月。やっと安心して利用できると思ったところに今度はCEOの突然の死ときた。

ことの経緯があまりにも出来上がりすぎていて、彼が死を偽装したのではないかと疑う声が上がった。

なぜなら、コッテンの死は、死後1ヶ月ものあいだ公にされないままにも関わらず、クアドリガCXは預金を受け入れていたが、少なくとも顧客の一部はその期間中に資金を引き出すことができなかったという。その一方でチワワに100万ドル(1億1000万円)を遺すという内容の遺書は直前に書かれていたという情報もあり、顧客たちの不信感は高まるばかり。

しかも、QuadrigaCXの裁判所指定モニターを務める、会計大手アーンスト・アンド・ヤング(EY)の調査から、取引所の暗号ウォレットは空っぽで、ほとんどが他の取引所か違うウォレットに転送されたことが明らかになった。

さらに、コッテンはQuadrigaCXから取得した暗号の一部を使用し、小型株の暗号通貨でのマージン取引をした可能性が高いことまで判明した。

そしてもう一点、胡散臭いポイントは、コッテンの死因だ。「彼はクローン病の合併症で死亡したが、これは一般に致命的ではない」と指摘されている。

ニュース速報

ビジネス

JPモルガン、第1四半期利益が5倍増 引当金の戻入

ビジネス

ゴールドマン、第1四半期は大幅増益 SPAC上場・

ビジネス

東芝社長交代、CVC提案前に進退問う動き 車谷氏は

ビジネス

仏LVMHが上場来高値更新、第1四半期の好調な売り

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    青色の天然着色料が発見される

  • 2

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資である理由

  • 3

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎるコロナ対策

  • 4

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 5

    ギネスが認めた「世界最高齢の総務部員」 勤続65年、9…

  • 6

    ピザの注文から出願大学まで、フェイスブックが僕に…

  • 7

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 8

    ヘビ? トカゲ? 進化の過程で四肢をなくし、再び…

  • 9

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方…

  • 10

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    青色の天然着色料が発見される

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

  • 9

    日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月