最新記事

2020米大統領選 

ブルームバーグ出馬に民主党内からも批判噴出の理由

Michael Bloomberg Entering 2020 Race an 'Egotistical Charade' says Activist

2019年11月25日(月)18時20分
タレク・ハダド

銃規制を求める集会に参加したブルームバーグ(8月10日、アイオワ州デモイン) Scott Morgan-REUTERS

<大手メディア企業の創業者として築いた富にモノを言わせるかのような選挙手法に早くも疑問の声>

来年の米大統領選挙への出馬の意向を表明したマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長(77)。これに対し「自己満足の茶番だ」といった批判の声が上がっている。

ブルームバーグについては、不出馬という当初の決定を再検討していると伝えられていた。ブルームバーグはツイッターに「私はドナルド・トランプを倒し、アメリカを再建するために大統領選に出馬する。ビジネスと政府、慈善活動における私の他にはない経験は、勝利し国を率いる力を与えてくれると信じている」と投稿した。

だが出馬表明から間をおかずして、さまざまな批判の声が上がっている。その代表格が「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事)」運動の他、ニューヨーク市長時代のブルームバーグの政策に批判的だった複数の団体に関与している市民活動家のショーン・キングだ。

「文字通り金で大統領の地位を買おうという、ブルームバーグの完全な思い上がりと純然たるエゴだ」とキングはツイッターで述べた。

「彼は単に、最初の4つの予備選で選挙運動すら行うつもりがないことと、献金を受け取るつもりがないことを表明しただけだ。カリフォルニアやテキサスといった最も大きい州を金で買うのが彼の計画だ。茶番だ」

<参考記事>打倒トランプに、ブルームバーグが立ち上がった
<参考記事>「オバマの再来」オロークが民主党予備選から撤退......候補者レースの本質は「対比」にあり

マイノリティーにとって地獄だった

キングはこうも述べた。「ブルームバーグさん、あなたがこれまでに示してきた人種差別主義や偏狭さ、イスラム恐怖症が、市長時代のあなたが本当のあなたではなかったかのような振りをして選挙に出ることなど、ニューヨーカーは認めないはずだ。あなたの政策はニューヨーク市のアフリカ系アメリカ人やラティーノ、イスラム教徒にとってこの世の地獄のような状況を引き起こした」

「以前から公人としてのあなたの経歴には疑問符がついていたが、今度はあなたが自己満足の茶番のために何億ドルもの金を無駄遣いするのを国中が見ることになる。その金で民主党が上院で過半数を取るのを応援したり、信頼できる候補を支援することもできるというのに」

ブルームバーグが出馬を再検討した理由は、現在の民主党の大統領候補たちの顔ぶれではトランプを倒せないのではと考えたからだと伝えられている。

ブルームバーグが出馬を考えているとの報道に対し、地元ニューヨーク州選出のアレクサンドリア・オカシオコルテス下院議員(民主党)も手厳しい反応をした。

ニュース速報

ワールド

中国商務相、豪州産大麦への反ダンピング関税巡る懸念

ビジネス

独ダイムラー、中国EV電池ファラシスのIPOに投資

ワールド

サウジ、24時間外出禁止令を6月21日に完全解除 

ビジネス

情報BOX:トヨタの工場稼働状況、チェコやインドの

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月