最新記事

中東

米制裁で揺らぐイランの中東覇権──支配下のイラクやレバノンでも反イラン暴動

Trump Sanctions Weaken Tehran as Protests Escalate In Iran, Iraq, Lebanon

2019年11月20日(水)18時25分
ジョナサン・ブローダー

バグダッドで行われた反政府デモ(2019年11月14日) al-Marjani REUTERS

<アメリカの経済制裁で経済的苦境に陥ったイランばかりか、その影響下にあったイラク、レバノンでもイランへの憎悪の声が広がっている>

ドナルド・トランプのイラン制裁は効果をあげていると言っていいのか? 制裁によるイラン経済の疲弊は、国内外で混乱を生み出し、イラン政府を弱体化させている。

ロンドンに本拠を置く人権団体アムネスティは11月19日、イランの燃料価格引き上げに抗議するデモで、少なくとも106人がイランの精鋭「イスラム革命防衛隊」に殺害されたこと発表した。さらに情報が明らかになれば実際の死者数はさらに増え、死者は200人にのぼる可能性もあるという。

ガソリン価格を突如50%も上げたことに対する抗議デモは18日に始まったが、イラン政府はいまだに死傷者数を発表していない。

イラン国内の報道ではこのデモは、イランの核開発と親イラン武装勢力への支援を停止させたいアメリカの経済制裁に対する抗議、ということになっている。経済苦に怒った国民が、首都テヘランをはじめ主要都市で店を破壊し、車を燃やし、掠奪を行っているというのだ。

アムネスティが死傷者数を発表する前日、イスラム革命防衛隊はデモ隊に対し「断固たる行動」をとると警告。大規模な弾圧を行うことを匂わせていた。

一方、強硬派のカハン・デイリー紙は、19日に政府寄りの司法機関が、デモの指導者には絞首刑がふさわしいと言ったと報じた。

失敗の責任はイランに

イランの影響力が浸透しているイラクとレバノンでも、反政府抗議活動が広がっている。

イラクは過去6週間、暴力的な街頭デモと銃撃で混乱のきわみにある。アデル・アブドルマフディ政権の腐敗と縁故主義、公共サービスの不備に憤慨する暴徒は、首相の追放を要求している。

だがデモ参加者の怒りの矛先は隣国のイランだ。デモ隊はイランを、マフディ政府を背後で操る黒幕とみなし、政府の失敗の最終的な責任はイランにあると考えている。

「出ていけ、出ていけ、イラン!」と唱和しつつ、デモ隊は聖なるシーア派の都市カルバラにあるイラン領事館に放火し、イランの旗を燃やした。

そんなデモ隊に反撃したのは、イランが武器と訓練と資金を提供するイラクの民兵集団だ。これこそがイラクにおけるイランの影響力を明確に表す証拠だ。民兵集団はデモ隊に発砲し、これまでに300人以上が死亡、約1万5000人が負傷した。

ニューヨーク・タイムズと米ニュースサイト「ザ・インターセプト」が入手した機密文書は、イランがイラク情勢に深く介入していたことを証明している。

<参考記事>イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔
<参考記事>米イラン戦争が現実になる日

ニュース速報

ワールド

再送日韓が輸出規制で局長級会合、対話継続で合意

ビジネス

KDDIとローソンが資本業務提携、ポイント・決済サ

ビジネス

仏経財相、来年の景気減速を予想

ワールド

米中通商合意、米USTR代表「完全に成立」 中国は

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    韓国「アナ雪2」1000万人突破の影でディズニー訴えられる 大ヒットを支えた「ドベ」とは?

  • 2

    ダース・ベイダーは「ルーク、私がおまえの父親だ」と言っていない!

  • 3

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

  • 4

    英総選挙、驚きの保守党圧勝を読み解くと

  • 5

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

  • 6

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 7

    英総選挙、どっちつかずより「とっとと離脱」を選ん…

  • 8

    サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

  • 9

    中国組織が暗躍、麻薬密輸は瀬取り化 フィリピン「超…

  • 10

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 1

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 2

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 3

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

  • 4

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ…

  • 5

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 6

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 7

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

  • 8

    韓国「アナ雪2」1000万人突破の影でディズニー訴えられ…

  • 9

    サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

  • 10

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 10

    何が狙いか、土壇場でGSOMIAを延長した韓国の皮算用

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月