最新記事

中東

米制裁で揺らぐイランの中東覇権──支配下のイラクやレバノンでも反イラン暴動

Trump Sanctions Weaken Tehran as Protests Escalate In Iran, Iraq, Lebanon

2019年11月20日(水)18時25分
ジョナサン・ブローダー

バグダッドで行われた反政府デモ(2019年11月14日) al-Marjani REUTERS

<アメリカの経済制裁で経済的苦境に陥ったイランばかりか、その影響下にあったイラク、レバノンでもイランへの憎悪の声が広がっている>

ドナルド・トランプのイラン制裁は効果をあげていると言っていいのか? 制裁によるイラン経済の疲弊は、国内外で混乱を生み出し、イラン政府を弱体化させている。

ロンドンに本拠を置く人権団体アムネスティは11月19日、イランの燃料価格引き上げに抗議するデモで、少なくとも106人がイランの精鋭「イスラム革命防衛隊」に殺害されたこと発表した。さらに情報が明らかになれば実際の死者数はさらに増え、死者は200人にのぼる可能性もあるという。

ガソリン価格を突如50%も上げたことに対する抗議デモは18日に始まったが、イラン政府はいまだに死傷者数を発表していない。

イラン国内の報道ではこのデモは、イランの核開発と親イラン武装勢力への支援を停止させたいアメリカの経済制裁に対する抗議、ということになっている。経済苦に怒った国民が、首都テヘランをはじめ主要都市で店を破壊し、車を燃やし、掠奪を行っているというのだ。

アムネスティが死傷者数を発表する前日、イスラム革命防衛隊はデモ隊に対し「断固たる行動」をとると警告。大規模な弾圧を行うことを匂わせていた。

一方、強硬派のカハン・デイリー紙は、19日に政府寄りの司法機関が、デモの指導者には絞首刑がふさわしいと言ったと報じた。

失敗の責任はイランに

イランの影響力が浸透しているイラクとレバノンでも、反政府抗議活動が広がっている。

イラクは過去6週間、暴力的な街頭デモと銃撃で混乱のきわみにある。アデル・アブドルマフディ政権の腐敗と縁故主義、公共サービスの不備に憤慨する暴徒は、首相の追放を要求している。

だがデモ参加者の怒りの矛先は隣国のイランだ。デモ隊はイランを、マフディ政府を背後で操る黒幕とみなし、政府の失敗の最終的な責任はイランにあると考えている。

「出ていけ、出ていけ、イラン!」と唱和しつつ、デモ隊は聖なるシーア派の都市カルバラにあるイラン領事館に放火し、イランの旗を燃やした。

そんなデモ隊に反撃したのは、イランが武器と訓練と資金を提供するイラクの民兵集団だ。これこそがイラクにおけるイランの影響力を明確に表す証拠だ。民兵集団はデモ隊に発砲し、これまでに300人以上が死亡、約1万5000人が負傷した。

ニューヨーク・タイムズと米ニュースサイト「ザ・インターセプト」が入手した機密文書は、イランがイラク情勢に深く介入していたことを証明している。

<参考記事>イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔
<参考記事>米イラン戦争が現実になる日

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=ドル2カ月ぶり高値、FRBのタカ派見

ビジネス

米、台湾に「極めて近い将来」75万回分のワクチン提

ビジネス

米、中国との首脳会談検討 秋のG20で実現も=大統

ビジネス

米上院の超党派グループ、半導体分野への投資に対する

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    カメラや望遠鏡が、紙のように薄くなる?光学素子が…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 7

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 8

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    無計画な植林が環境を破壊している 侵略種化や8割衰…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月