最新記事

イスラム国

ISが東南アジアを狙っている──マレーシア内相

ISIS Seeking To Move Base To Southeast Asia After Baghdadi Death

2019年11月29日(金)16時00分
ジェームズ・パターソン

インドネシア、バリ島爆弾テロの慰霊碑。イスラム教テロ組織の犯行で、2002年に200人以上の死者を出した Beawiharta-REUTERS

<外国人戦闘員の帰国やインターネットを通じた過激化の脅威もあり東南アジアも安穏としてはいられないとマレーシアの内相が警告>

最高指導者のアブ・バクル・アル・バグダディを失った過激派組織IS(イスラム国)が、東南アジアを次なる活動拠点にしようと狙っている――マレーシアのムヒディン・ヤシン内相がこう警告した。バグダディは10月下旬、米陸軍の第75レンジャー連隊と特殊部隊デルタフォースがシリアで展開した急襲作戦で追いつめられ、子ども2人を巻き添えにして自爆した。

ヤシンは11月27日、タイのバンコクで開催された「ASEAN国境を超える犯罪に関する閣僚会議」に出席。この中で「シリアとイラクにおける支配地域のほとんどを失ったダーイシュ(アラビア語でISISのこと)は、新たな拠点を探している。マレーシアは、ダーイシュが活動拠点を東南アジアに移す可能性もあると考えている。テロ組織の外国人戦闘員の帰国やインターネットを通じた過激化、組織に属さないローンウルフ(一匹狼)型テロリストによる攻撃などの脅威も高まっている」と警告した。

パスポートが簡単に買える

米国務省でテロ対策を担当するネイサン・セールス調整官は、東南アジアで「ごく最近になってみられるようになった現象」に自爆テロがあると指摘。これは、ISの戦闘員が中東の外にテロ攻撃のテクニックや手順を「輸出」している証拠だと主張した。

東南アジアに流入しているISのテロリストの数は、現時点では少ないと考えられている。だが巧妙に作成された偽造パスポートや盗難パスポートが出回るようになれば、その数は増えていく可能性がある。

アルカイダと関連がある東南アジアのイスラム過激派組織、ジェマ―・イスラミア(JI)の元戦闘員ナシル・アバスは、香港のサウスチャイナ・モーニングポスト紙に対して、そうしたパスポートが戦闘員たちの移動に役立っていると語った。

「盗難パスポートの転売業者がいて、パスポートが欲しい者は自分と顔の特徴が似ている写真がついたパスポートを買うことができる」と、マレーシア出身の彼は語った。「転売業者は大量の盗難パスポートをストックしているから、選択肢の幅も広い」。アバス自身かつて、インドネシア人のパスポートを買い取ってフィリピン南部に渡り、そこで戦闘員の訓練キャンプを立ち上げたという。

<参考記事>「少女自爆」のボコ・ハラムはISを上回る世界一の殺戮集団
<参考記事>IS戦闘員の「自撮り」写真で空爆地点がバレバレに

ニュース速報

ワールド

ウクライナ首相が辞意表明、大統領を批判したとされる

ビジネス

中国の長城汽車、米GMのインド工場を取得へ=関係筋

ワールド

米軍駐留基地へのミサイル攻撃、神の加護示す=イラン

ビジネス

仏ルノー、2019年世界販売は3.4%減 中国部門

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 2

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャット」現る

  • 3

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 4

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 5

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 6

    台湾世論調査「中国が武力併合しようとしたら戦うか…

  • 7

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 8

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 9

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 10

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 1

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセレクト、その都市は......

  • 2

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報じるメディアの無知

  • 3

    韓国の破産も招きかねない家計債務の実態

  • 4

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 5

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 6

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 7

    日本は台湾からの難民を受け入れる準備ができているか

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 10

    ニューズウィークが選ぶ『スター・ウォーズ』ライト…

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    中国で捕らわれた外国人を待つ地獄の日々

  • 8

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    軍事力は世界14位、報復を誓うイラン軍の本当の実力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月