最新記事

テロ

州警察本部で自爆テロ インドネシア、ISメンバー帰還も含めテロ対策が緊急課題に

2019年11月13日(水)16時00分
大塚智彦(PanAsiaNews)

インドネシア・メダンで発生した自爆テロの実行犯とみられる男 KOMPASTV/YouTube

<1年半ぶりにインドネシアを震撼させたテロ事件は、新たな危機への号砲なのか?>

インドネシア・スマトラ島北スマトラ州の州都メダンで13日午前8時40分(日本時間同10時40分)ごろ、ワナサリ地区にある州警察本部で爆発があり、これまでのところ自爆犯とみられる1人が死亡、少なくとも警察官4人と市民2人の6人が負傷、近くの病院に搬送されて治療を受けている。

現地からの報道などによると爆発は警察本部敷地内の麻薬捜査課付近の駐車場で起き、バラバラになった遺体が現場に残されていたことから自爆テロによるテロ事件で、容疑者1人は現場で死亡したとみられている。

爆発音は警察本部から半径約500メートルまで届くほどで、周辺の住民はショックを受けていると民放テレビ各局などは通常番組を中断して臨時ニュースで伝えている。

国営アンタラ通信によると、目撃者などは自爆テロ犯が配車サービスによるバイクタクシーの運転手を装って警察本部敷地内に侵入したとしており、警察の警備を欺いて犯行に及んだ可能性を指摘している。

州警察が公開した敷地内に設置された監視カメラの映像では、緑色と黒色の配車会社運転手のユニフォームをとみられるジャケットを着て、メガネをかけた若い男が映っている。この男は大きなリュックを背負っており、カメラの映像では歩いているこの男から赤い炎につづいて白煙が立ち上る様子がとらえられている。

インドネシアではオートバイクや乗用車をスマートフォンのアプリで呼んでタクシー代わりに乗車するほか、荷物や書類の集配、配達さらに食品配達やレストランなどの出前代行などに広くこうしたネットシステムが利用されており、今後はこうしたサービスにも警戒が高まる可能性が指摘されている。

新政権、対テロ対策が急務に

インドネシアでは10月23日にジョコ・ウィドド大統領による2期目の政権が誕生したばかりで、新政権のテロ対策への取り組みが急務であることが浮き彫りとなった。

新政権誕生の直前10月10日には当時のウィラント調整相(政治・法務・治安担当)が刃物で刺され重傷を負う事件があり、治安当局は刺傷事件容疑者が中東のテロ組織「イスラム国(IS)」に忠誠を誓うインドネシア国内のテロ組織「ジェマ・アンシャルット・ダウラ(JAD)」のメンバーであるとして、国内各地でJIDメンバーの摘発を進めていた。

その過程でジャワ島のソロやジョグジャカルタでJIDが自爆テロを計画していたことも明らかになっていたが、メダンでのテロ計画は当時の捜査では浮上していなかった。

今回のメダンでの自爆テロに関する犯行声明はこれまでのところ出されていないが、自爆という犯行の方法、州警察本部という標的などから何らかのテロ組織が関与しているのは間違いないとみられている。

ニュース速報

ワールド

原油先物上昇、協調減産の継続が支援

ワールド

メルク、新型コロナ薬・ワクチン開発の取り組み強化 

ビジネス

JPモルガン、第2四半期も貸倒引当金増強 約70億

ワールド

香港「金融ハブの地位危うく」、米大統領が中国に不快

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    台湾の蔡英文総統「香港の人びとに必要な援助を提供…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 7

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 8

    新型コロナで5400人が死亡、NJ州高齢者施設で繰り返…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男の「インセル」思想とは

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月