最新記事

トラブル

あなたの英語Tシャツは大丈夫? 飛行機に乗れないことも......

2019年10月25日(金)15時00分
安部かすみ

今回問題になったTシャツは以前からいわくつきだった...... YouTube

<普段何気なく着ている英語のメッセージTシャツ。そのメッセージに気をつけている人はどのくらいいるだろう......>

海外から日本を訪れる観光客が増えているが、中には、思わず笑ってしまうような日本語のおかしなメッセージTシャツを着た人や、漢字のタトゥーを入れている人を見かけることもあるだろう。その多くはあまり意味はわからず、漢字やカタカナなどがかっこいいというイメージで身につけているのだが、同様のことは私たち日本人にも起こりうる。

脅威を与えるTシャツのメッセージ

アメリカで、飛行機搭乗時にあるメッセージのついたTシャツを着た乗客が問題になった

問題が起こったのは10月11日、ロサンゼルス発ボストン行きのユナイテッド航空。飛行機に搭乗しようとしていた乗客のTシャツの背中には、このようなスローガンが書かれていた。

「Rope. Tree. Journalist. Some assembly required」(ロープ 木 ジャーナリスト (そのような)取り付けが必要)

日本人の多くは特に何も思わないだろう。しかし、英語圏の人なら二度見しそうな意味深なメッセージだ。「ジャーナリストをロープにかけて木に吊るしあげる」つまりリンチをイメージをさせるものだからだ。また、このTシャツは2016年の大統領選でトランプ支持者が着て問題になったことがあったものだ。

このメッセージを搭乗口付近で見かけた男性はたまたま元ジャーナリストの男性で、脅威を感じたという。「危険人物の可能性あり」とフライトアテンダントに苦情を申し出た。

この苦情の連絡はフライトアテンダントから機長や警備担当者に伝えられたが、航空会社として「(この程度の)攻撃的なメッセージは問題なし」と判断され、Tシャツを着た男性には何も伝えずに、予定通り飛行機は運航した。

元ジャーナリストの男性の言い分は「"攻撃的"ではなく、ほかの乗客への"脅迫"だ」ということだったが、航空会社はこの男性に別機への搭乗変更の提案をしただけで、言い分は聞き入れられなかった。

元ジャーナリストの男性の姉妹がワシントンの月刊マガジン『Washingtonian』でフードエディターをしているジェシカ・シッドマンさんで、シッドマンさんが写真をツイッターで拡散したところ、瞬く間に5000以上リツイートされ、3400件以上コメントされるなど物議を醸した。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、過去15年間のうち10年で所得税支払わ

ワールド

習主席、中国共産党による新疆統治の妥当性と住民教化

ワールド

英、北部とロンドンでのロックダウンを検討=タイムズ

ビジネス

日産、中国市場に今後5年で新型車継続投入へ=内田社

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 7

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月