最新記事

酷暑対策

酷暑が深刻なカタール 屋外にエアコン、青い道路、対策進むが......

2019年10月28日(月)18時20分
松岡由希子

ハリーファ国際スタジアムのエアコンダクト Kirby Lee-USA TODAY Sports Reuters

<酷暑が問題となっているカタールでは、屋外競技場やショッピングモール、市場といった屋外の公共スペースにエアコンを導入する動きが広がっている......>

中東カタールは酷暑が深刻だ。夏には夜間でも気温が32度を下回らず、昼間は48度を超えることもある。そこで近年、酷暑対策として、屋外競技場やショッピングモール、市場といった屋外の公共スペースにエアコンを導入する動きが広がっている。

サッカースタジアムのピッチに冷気を送り込む......

2022年にカタールで開催される「2022 FIFAワールドカップ」の会場として新たに建設された「アル・ワクラ・スタジアム」もそのひとつだ。観客席下から足首の高さに冷気を出して観客が涼をとれるようにし、「下にたまりやすい」という冷気の性質を活用して、この冷たい気流を観客席から芝生のピッチエリアに流れ込ませる。

また、フィールドには、サッカーボール大の通気孔が設けられ、冷気をさらに送り込む仕組みだ。カタール大学サウド・ガニ准教授は「観客や選手のみに冷気を届ける」という発想からこのシステムを考案したという。

また、首都ドーハには、青い反射塗料を塗った道路も登場している。

Why Have Qatar Roads Turned blue? | Indiatimes

地面の通気口から冷気を吹き出すショッピングモール、カターラ・カルチュラル・ヴィレッジ。

Welcome to Katara for world's first air-con outdoor plaza

「エアコンを切ってしまったら、体がうまく動かなくなる」

環境保護主義者でもあるカタールの湾岸研究開発機構(GORD)のユスフ・アルホー会長は、米紙ワシントンポストの取材で、「エアコンを切ってしまったら、とても耐えられない。体がうまく動かなくなる」とコメントし、このようなカタールの酷暑対策に一定の理解を示している。

もちろん酷暑環境による健康被害を防止するうえでエアコンは有効だが、地球温暖化防止とのジレンマは避けられない。カタールでは、エアコンの稼働に必要な電力を化石燃料で発電しているからだ。これにより二酸化炭素が生成され、地球温暖化につながるおそれがある。

カタールも締約国となっているパリ協定では「産業革命前からの地球の平均気温の上昇を2度未満に抑える」ことが定められている。

北極圏を除き、世界で最も急速に温暖化が進んでいる地域

しかし、カタールでは、地球規模での気候変動に加え、ドーハ周辺の建設ラッシュにより、過去30年間で、気温上昇が急速にすすみ、すでに気温が2度以上上昇している。2010年7月の熱波では歴代最高気温50.4度を記録した。

米カリフォルニア州の非営利団体「バークレー・アース」のジーク・ハウスファーザー氏は、米紙ワシントンポストの取材で「カタールは、北極圏を除き、世界で最も急速に温暖化が進んでいる地域だ。カタールの気温上昇は、温室効果ガスの排出量削減に取り組まなければ世界がどのようになってしまうのかを、私たちに示しているようにもみえる」と語っている。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中南米最大手のLATAM航空、米国で破産法申請

ワールド

独政府、社会的距離ルールを6月29日に緩和へ=報道

ビジネス

賭けマージャンが賭博罪かどうかは法務省が判断=安倍

ワールド

アングル:ビッグデータ立国の中国、民法整備で個人情

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 6

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 9

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月